因縁に負けないこと 


「我が家は代々短命の家系です」などという話しをよく耳にします。

そういったことを因縁といいます。
過去に起きた何かの出来事によって、現在にまで良くない影響が及ぼされているということは実際にあるそうです。

先祖と自分とは、たましいは違います。
しかし、同じ家系に生まれたということは、同じ学校の先輩と後輩だということです。

その学校が、たとえば争いを好む校風だとしましょう。
自分がその校風を選んで生まれてきたということにも意味があるのです。

短命の家系に生まれた。
なぜだろうと、調べていくと先祖が争いを好んでいたことがわかります。

すると、争うとはなんと無意味なこと、人を苦しめることだというのが実感できます。

そういう学びをするために、あえてその校風の学校を自分は選んで生まれてきたのだということに気づくのです。

先祖と自分は関係ないと思うかもしれません。
ですが、やはり何か関係があるから、同じ家系に生まれたのです。

その家系から自分が何を学ぶべきなのか、因縁に気づくこと。
そしてその因縁を選んで生まれてきたことを理解しましょう。

今回の生まれてきたことでの自分の学びは何かを見つけましょう。

そうすると、今の自分の生き方も変わってきます。


江原さんの両親はともに短命でした。
それも因縁がありました。

短命な両親のもとで生まれることで多くの苦労をされました。
そのことで、スピリチュアルな事象を研究し、それと人の役に立てたいとスピリチュアルに関係する仕事をされています。

因縁といっても、やみくもにこわがってばかりいるのではなくて、そこから学び自分自身を変えることです。

どんなことも必然に起きることだと考えれば、その必然に気づくことでよい方向へ進むことができます。
因縁に負けずに最良の今を生きましょう。


自分をあるがままに受け入れる


私は、自分に不満がありますし、あれをしたいこれをしたいといつも思っているのですが、願いがかなわず自分に腹がたつ時があります。

その時、偶然(もしかすると必然かもしれません)にこの物語に出会いました。



『小さな物語』(作者不明 菅原裕子訳)


インドのある水くみ人足は、2つの壷を持っていました。

天秤棒のはしに、それぞれのツボをさげ、首のうしろで天秤棒を左右にかけて、彼は水を運びます。

その壷の一つには、ひびが入っています。

もう一つの完璧な壷が、小川からご主人さまの家まで一滴の水もこぼさないのに、ひび割れ壷は、人足が水をいっぱい入れてくれても、ご主人さまの家に着くころには半分になっているのです。


完璧な壷は、いつも自分を誇りに思っていました。

なぜなら、彼が作られたその本来の目的を、彼は常に達成することができたからです。

そして、ひび割れ壷は、いつも自分を恥じていました。

なぜなら、彼は、半分しか達成することができなかったからです。


二年が過ぎ、すっかりみじめになっていたひび割れ壷は、ある日、川のほとりで水くみ人足に話しかけました。

「私は自分が恥ずかしい。そして、あなたにすまないと思っている。」

「なぜそんな風に思うの?」水くみ人足は言いました。

「なにを恥じてるの?」

「この2年間、私はこのひびのせいで、あなたのご主人さまの家まで水を半分しか運べなかった。水がもれてしまうから、あなたがどんなに努力をしても、その努力が報われることがない。私は、それがつらいんだ。」

壷は言いました。

水くみ人足は、ひび割れ壷を気の毒に思い、そして言いました。

「これからご主人さまの家に帰る途中、道端に咲いているきれいな花を見てごらん。」


天秤棒にぶら下げられて丘を登っていくとき、ひび割れ壷はお日さまに照らされ美しく咲き誇る道端の花に気づきました。

花は本当に美しく、壷はちょっと元気になった気がしましたが、ご主人さまの家に着くころには、また水を半分漏らしてしまった自分を恥じて、水くみ人足にあやまりました。

すると、彼は言ったのです。

「道端の花に気づいたかい? 花が君の側にしか咲いていないのに気づいたかい? 僕は、君からこぼれ落ちる水に気づいて、君が通る側に花の種をまいたんだ。
そして君は毎日、僕たちが小川から帰るときに水をまいてくれた。
この2年間、僕はご主人さまの食卓に花を欠かしたことがない。
君があるがままの君じゃなかったら、ご主人さまはこの美しさで家を飾ることはできなかったんだよ。」

(以上、原文を記載)


自分が、だめだと思っていることでも、他人から見るととても素晴らしいことがあるのです。

自分のいい面も、考えて見ましょうね。
きっと、見つかります。





誰も一人ではない



エリザベス・キュブラー・ロス博士は精神科医です。

彼女は、なんと2万件にものぼる臨死体験の研究をもとに、「誰もひとりぼっちで死ぬことはない」と述べ、次のように明言しています。

「肉体から離れると、時間のない所での存在となる。
つまり、時間はもはやなくなる。
同じように、普通の意味で空間や距離を語ることもできなくなる。

なぜなら、それらはすべて、この世における現象だからである。
例えば、アメリカの青年がアジアで亡くなり、ワシントンにいる母親のことを思ったとしよう。
彼はその思念の力によって、ほんの一瞬のうちに何千マイルもの距離を渡り、母親のもとへ行くことができるのである。」


キューブラー=ロス博士によると、この現象を実に多くの人々が経験しているというのです。

何千マイルも遠くに住んでいたはずの人が、突然、目の前に姿を現す。
すると翌日になって、前日に姿を現した人が亡くなったという知らせが、電話や電報で届くのです。

「この段階にくれば、誰もひとりぼっちで死ぬことはないと言うことが、よくわかる。
なぜなら、亡くなった人は、自分の好きな人の所へ行くことができるからである。
また、先立って亡くなり、自分のことを愛し、大切にしてくれた人たちも待ってくれている。
しかも、この段階では時間が存在しないため、20歳の時に子供を亡くした人が99歳で亡くなっても、亡くしたときと同じ年のままの子供の姿に会うことができるのである。」

 
さらに、末期の病を患っている子供たちに「誰に一番会いたいか」「誰に一緒にいて欲しいか」と尋ねてみたところ、99%の子供が両親を選んだにもかかわらず、その後に生死の境をさまよって臨死体験をした子供うち、実際に親のビジョンを見たのは、親がすでに亡くなっている子供のみであったというのです。

もしも、否定論者が言うように、臨死体験が単に本人の願望の投影(イメージ)ならば、99%の子供は死に際して親のビジョンを見るはずである。
この結果を受けて、キューブラー=ロス博士は、自信を持って断言しています。

「何年も研究してきたが、誰一人として親を見た子供はいない。
なぜなら、両親はまだこの世に存在するからだ。
誰に会えるかを決める要因と言うには、例え1分でも先に亡くなっている人で、死にゆく人が心から愛していた相手だと言うことなのである。」

虫の知らせとは、こういったことなんですね。

低級霊に惑わされないように



江原さんが言うには、私たちが一番怖いのが低級霊に惑わされてしまうことだそうです。

霊界について中途半端な知識をもち、低級霊に惑わされてしまう人意外に多く見受けられます。

霊を信じないたみに長い時間憑依状態が続き、霊能者のところに来たときは手遅れの状態になってしまう人もいます。

いらっしゃった時に、完治したり好転することもないとは言えないので、期待されるのですが、そうはいかないほうが多いのを理解して下さい。

低級霊に惑わされている人には3つのパターンがあります。

1つは、憑依を理由に現実逃避をしようとする人です。

このような人たちは、除霊や浄霊より、まず心を治癒させなければなりません。


次に、神仏が自分に降りたと思い込み、得意になっている人です。

これは、低級もしくは未浄化な憑依霊が取り憑いたものですが、いくら説明しても聞く耳持たないのです。

残念ながら、このような人は、現在の新興宗教の教祖や霊能者によく見られます。


さらに、自分の意思の弱さのために憑依霊と縁が切れない人もいます。

ただ、憑依とは憑く霊ばかりが悪いのではなく、呼び込む自分が一番悪いのです。


このようなことにならないように、私たちは正しい心霊知識を持ち、高い心域をもつための努力を忘れてはなりません。


守護霊は言います。

「神は人に悩みなど与えてはいない。

神は問題のみを与えているのだ。

悩むのは現世の者の勝手である。

人は与えられた問題を努力し、ただ乗り越えればよいのになぜ悩むのであろう。

それは我や執着である。

自分が苦しいだけであるのに...」と。

スピリチュアルメッセージ(3)
↑そうか!!↑悩まない。 ↑これを聞く!!





低級霊に惑わされないように



江原さんが言うには、私たちが一番怖いのが低級霊に惑わされてしまうことだそうです。

霊界について中途半端な知識をもち、低級霊に惑わされてしまう人意外に多く見受けられます。

霊を信じないたみに長い時間憑依状態が続き、霊能者のところに来たときは手遅れの状態になってしまう人もいます。

いらっしゃった時に、完治したり好転することもないとは言えないので、期待されるのですが、そうはいかないほうが多いのを理解して下さい。

低級霊に惑わされている人には3つのパターンがあります。

1つは、憑依を理由に現実逃避をしようとする人です。

このような人たちは、除霊や浄霊より、まず心を治癒させなければなりません。


次に、神仏が自分に降りたと思い込み、得意になっている人です。

これは、低級もしくは未浄化な憑依霊が取り憑いたものですが、いくら説明しても聞く耳持たないのです。

残念ながら、このような人は、現在の新興宗教の教祖や霊能者によく見られます。


さらに、自分の意思の弱さのために憑依霊と縁が切れない人もいます。

ただ、憑依とは憑く霊ばかりが悪いのではなく、呼び込む自分が一番悪いのです。


このようなことにならないように、私たちは正しい心霊知識を持ち、高い心域をもつための努力を忘れてはなりません。


守護霊は言います。

「神は人に悩みなど与えてはいない。

神は問題のみを与えているのだ。

悩むのは現世の者の勝手である。

人は与えられた問題を努力し、ただ乗り越えればよいのになぜ悩むのであろう。

それは我や執着である。

自分が苦しいだけであるのに...」と。

スピリチュアルメッセージ(3)
↑そうか!!↑悩まない。 ↑これを聞く!!





高級と低級の霊がある!



江原さんが言うには、霊には高級霊と低級霊があります。

たとえば、一般的によく狐憑きと言われるものがあります。

これを、動物の霊だと考える人が多いのですが、これは動物霊ではなく、現世に姿を現したことのない低級自然霊、または低級自然霊と化してしまったものによることが多いのです。

自然霊とは、この世に肉体を持って姿を現したことのない霊をいいます。


いわゆる稲荷、天狗、龍神、たぬきと言われるものは、この世に姿を現したことのない自然霊なのです。

自然霊でもそうですが、自然霊にも低俗なものから超高級なものまであります。

よく霊能者のなかに、神が降りると称する人がいますが、これはまったくの誤りで、実際は低俗な人霊、もしくは自然霊が降りてくることがほとんどです。

自然霊には天候など、自然界をつかさどる働きがあります。

この中にはフェアリー(妖精)と呼ぶものがあります。

これらフェアリーは、それはそれは小さい霊魂で、木や花、草などに宿り、自然を守ろうとします。

私たちは、よく病人のお見舞いに花を持って行きますが、これ花に宿る心優しいフェアリーが、その病人を慰めてくれるためにできた習慣だと言われています。


しかし、気をつけたいのは自然霊は人霊と違って情がありません。

家族を持ったことがないので情けがないのです。

ですので、自然霊は慎重にあつかうべきなのです。

常に敬意を払い、簡単に呼び出そうなどとしてはいけません。


【後払OK★5250円以上で送料&代引無料】ふんわりシフォンとちょいエスニックな柄で、あなたの...

↑見ました!!  ↑妖精だね。 ↑いい感じ!!

守護霊の愛 その3


江原さんが言うには、守護霊は4タイプあるそうです。

そして3つ目は、支配霊(コントロール・スピリット)
これは、一般的にはその人間の運命をコーディネイトしている霊魂のことをこう呼びます。

たとえば、あなたの新しい出会いや結婚、新しい土地など、私たちの進むべき環境などは、この支配霊がコーディネイトしているというわけです。

人生はすべて偶然や奇遇な出会いと思っている方も多いようですが、実はこの支配霊たちが私たちの人生と運命をコーディネイトしているのです。


最後に、補助霊(ヘルパー・スピリット)です。

私たちの守護霊、指導霊、支配霊のほかに、この三役の霊を手伝う補助霊という存在があります。

よくテレビなどで「あなたの守護霊はおじいさんですね」などと言っている霊能者を見かけますが、補助霊です。

私たちの守護霊は私たちが生まれる前から私たちに関わっているのです。

もし、私たちのおじいさんが守護霊だとすると、その人の存命中、私たちには守護霊がいないということになってしまいます。

霊能者の中には「あなたには守護霊がいない」などと言う人がいますが、そのようなことは絶対にありません。

どんな方にも必ず、霊的守護はあります。

私たちには、このような霊的な家族が存在するのです。

この霊的家族を「グループ・ソウル」と呼びます。


私たちは、この守護霊の愛の指導により、日々、この現世での使命を果たしているのです。

なんとありがたいことでしょう。

なんと喜ばしいことでしょう。

私たちは、いつもこの守護霊のことを心に置き、感謝の念を持たなくてはいけません。

【金運】子豚シルバーペンダント


↑なにっ!!↑これすごくいい。 ↑見つけた!!



守護霊の愛 その2



江原さんが言うには、守護霊は4タイプあるそうです。

まず1つ目は、守護霊(ガーディアン・スピリッツ)

私たちの中心的役割を果たしている霊魂です。

統計的に見ると、400年前から700年前に他界した先祖の霊魂がこの守護霊であることが多いようです。

少数の例外を除き、男性には男性の守護霊が、女性には女性の守護霊がついて、私たちを守り指導しています。

この守護霊は、私たちがこの世に生まれる前、そして現世、死後も本人とは切っても切れない間柄となります。

守護霊は入れ替わることはありません。

この強い絆のためでしょうか。

私たちはこの守護霊に似た生涯を送るとも言われています。

あなた自身にとてもよく似た存在であると言われています。


次に、指導霊(ガイド・スピリット)

私たちの趣味や職業を指導している霊魂です。

医師には医師の霊魂が、宗教家には宗教家の霊魂がついていることが良く見受けられます。

江原さんには、生前僧侶であり、霊的能力にたけ心霊治療を得意としていた指導霊がついて指導しています。

また、この指導霊は、私たちの先祖霊に限られるわけではなく、外国人の霊がつくことも往々にして見られます。

私たちは、指導霊の影響がとても強く現れるので、その人自身の適性や才能を見いだすにも、まずその人の指導霊を見る必要があると考えられます。

しかし、指導霊はしばしば途中で代わる事があります。

ただ、精神努力を重ね、謙虚で高い波長を持っていれば、才能がない人でも高級霊を呼び込み、能力を飛躍的に伸ばすことも可能になるのです。

どのような職業分野においても、著しい活躍をする人はその方の指導霊がとても長けていると言います。

「愛を導く月石を授かった天使のお守り」【RoyalStag】ムーンストーンネックレス
↑ 見た〜ぁ!!  ↑これはいいね!
 ↑決まり!!




守護霊の愛 その1


江原さんが、言うにはあなたが孤独に泣いているとき、あなたを確かに見つめ思いやる存在があるそうです。

それを守護霊、または背後霊と呼びます。

守護霊は、私たちの「たましいの親」とも言うべき存在です。

そして、私たち本人とは切っても切れない霊的な関係で結ばれています。

私たちが魂を磨き直すために再生を決意したその日から、現世における生涯、そして死後の世界に至るまで離れることはありません。

この守護霊を1つの霊だと思っている方が多いのですが、これは間違いです。

簡単に説明しますと、その守護霊たちの中心となって働いている主護霊(ガーディアン・スピリット)、指導霊(ガイド・スピリット)、支配霊(コントロール・スピリット)、その他の補助霊(ヘルパー・スピリット)と大きく4つに分けられます。

これらの霊の総称が守護霊です。


あなたは、このような霊団と共に人生を送っているわけです。

間違って考えておられる方が多いのですが、守護霊は私たちの我欲、すべて何でもかなえてくれるとういう存在ではありません。

守護霊は、私たちの霊の親、いわば親の心で私たちを指導してくれる存在です。

よく、不運続きで、霊能者のところへ相談に行くと、「あなたには守護霊がついていないのですよ」と指摘されてしまうことがあります。

これは、とんでもない言いがかりです。

守護霊が私たちを見捨てて、どこかへ逃げ出すことはありえません。

悪運や悪霊が、そのような災いをなすこともあるでしょが、それがあなたのためになると思えば、守護霊が試練を与えることもあるのです。

甘いだけでは子供はダメになってしいます。

我が子のためなら、ときには叱り、また慰めるという守護霊のこの姿は、まさに霊の親と言うにふさわしいものです。

私たちはこの守護霊の良い指導を受けながら、自分に課せられた使命を果たし、怠ることなく真剣に生きる必要があるのです。


レジェンド「愛の守護霊」

↑ 見よ!!  ↑守護霊? ↑これだ!!



守護霊に頼るというのは、論外なんですね。


人はみなおちこぼれた天使



江原さんは、言います。

私たちは苦しいとき、辛いとき、また人生の節目の折々に神仏を求めます。

私たちが神を求める心、それは、私たちがなぜ生まれ、なぜ生きるのかに通じることなのです。

魂は、永遠の霊性の進化を続ける旅人であります。

しかし、同時に、神もまた永遠の進化向上を目指す愛の光なのです。

その意味では、この世のすべての人々は神という神性を肉体で覆った神なのです。

たとえば、宝石を磨く行為を思い浮かべて下さい。

一回一回磨くごとに、原石は澄んで輝きを増していきます。

そして、原石を磨くたびに生まれる僅かな輝き、これがあなたの霊であり、光増す宝石が神なのです。

ですから、私たちはまだ磨かれていない霊を持った神なのです。

そして霊性進化を続け、いつしか光り輝く絶対の大我=神の粒子になることを目指しているのです。

私達が生まれた目的を忘れ、孤独に泣いていたとしても、それはまた霊の世界の配慮なのです。

なぜならば、もしその目的などを知って生きているのであれば、私たちは自らの台本を演じるわざとらしい役者になってしまうでしょう。

そこには大きな発見や感動、感情の目覚めがなくなってしまいます。

それでは、霊の修行になりません。

真っ白になって生まれてきて、泣いたり笑ったり、苦しんだり感動したりしながら、自分の魂の目的を探す。

これが私達に課せられた人生修行なのです。

人は誰もみな、落ちこぼれた天使であり、神のなのです。

プリンセス★羽根ペン(エンジェルブルー)

↑ 天使なんだね!!  これクリック! ↑ 

↑ こんなかな〜ぁ!        





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。