保阪尚希が仏門に入った


保阪尚希が、今月12日に熊本県合志市の真言宗寺院、六水院で行われた得度式に参加し、仏門に入りました。


「何物にも染められない」という意味を込めた黒い法衣と「尚陽」という法名を与えられた保阪は、
「違う名前をいただいて、再スタートの気持ち。
だれにも言えない悩みを抱えている人の相談の窓口になりたい」と神妙な表情で話しました。


得度式は約2時間半。剃髪(ていはつ)や、法衣、法名、杯の授与などの儀式が厳粛な雰囲気で行われました。


剃髪といっても、左右と頭頂部を少しカットしただけで外見はほとんど変わらないが、「ザクッという音で気が引き締まった。
改めて責任感が生まれた」と感慨深げだったようです。


与えられた法名は「尚陽」。

同院の下ヨシ子管長が「全身で太陽の光を浴びて生きていけるように」との意味を込めて名付けた。

 
保阪と下管長は昨年4月、日本テレビ系バラエティー番組「芸恋リアル」で共演したことがきっかけで知り合っています。

悩みの相談などをするうちに同院での仏門入りを決意したとか。


この日は心中した保阪の両親の33回忌とあって、
「両親が導いてくれたのかもしれません」。

在家信者として芸能活動を続ける方針で「同じように両親を亡くした人が見て『保阪みたいになれるじゃん』と心が晴れたら。
芸能界はだれにも言えないことが多いので、悩みをきく窓口になりたい」と決意を語りました。


彼のこれからの活躍を、楽しみにしています。




本当の神様って?



江原さんのところに、よくこんな相談があるそうです。


「〇〇教を信じているんだけど、ちっともしあわせになれないんです。」

「毎日、神様にお願いしているのに助けてもらえません」

でも、この考え方にはおかしなところがあるのです。

まず、人はなぜ神仏を求めるのでしょうか。

人は苦難に出会ったときには、必ずといっていいほど神仏に対する心を開きます。

また、新年など人生の折々につけて、真実の心から出たものか否かは別として、神仏に対して心を開きます。

このような人々の行為は、本人の認識を伴うかは別として、実は自然の摂理に心を開く大切な瞬間なのです。

心霊科学の見地に立った神や仏の定義は、あなたがよく考える神仏ではなく、後述する自然霊に属するものです。

自然霊とは、この世に肉体を持ったことのない霊を言います。

童話や伝承でおなじみのフェアリー(妖精)や天狗、竜神や稲荷なども、この自然霊に含まれます。

これらは決して架空の存在ではなく、霊の世界には確かに存在しているのです。

実は私たちのおおもとは、このような自然霊のなかから現れたというのが、心霊科学の常識になっています。


神や仏とは、このような自然霊のなかでも、最高位のエネルギーや霊格を持つものということです。

江原さんは、霊能者ですが、存在に対する理解はできますが、それ以上の接触は無理なのです。

霊能者であろうと一介の人間、それなりの魂の目的を持ち、霊性向上を目指す修行の身です。

現世の者の波長では、到底届くことのない高い波長を持つのが、神であり仏であるのです。

日本では神という言葉は神道より生じています。

また、神道では自然を崇拝します。

火にも水にも風にも自然の森羅万象に神が宿ると考えられているのです。

私たち人間の力では神と通信することは不可能です。

どんな霊能者であっても人間に神が降りることはありえません。

ただ、まれに高い波動を持つ霊が現れることはありますが、代理程度の霊が現れたにすぎません。

このような場合でもその霊たちは驚くほど謙虚です。

決して尊大な態度をとったり、ましてや見返りを期待するようなことはありません。

どんな場合でも、神が人の名づけた名を名乗って現れることなどありません。

彼のところには、神と名乗る霊に翻弄され、混乱し、傷ついた人が訪れます。

神は大きな愛を持つ偉大な存在です。

しかし、現世のご利益などをかなえてくれるようなお手軽な存在では決してありません。


神の存在は確かです。

しかし、あなたが求める神の最高位の自然霊でなくてはなりません。

神の名前を名乗ることのない最高霊。

それが本当の神の姿なのです。




わかったーー!! ↓    そうか!↓
南仏の香りをお部屋に!ワンランク上のフレグランスキャンドル ジェルキャンドル ガレライム...
  
↑くりっくだ!!  チェック! ↑ チェック!


     ( ̄□ ̄;)ガーン

↑ これって!!  ↑すごすぎます! ↑見て!




なるほど、そうなんですね。 誤解してる人は多いよね。






死んだらどうなる?



江原さんは、死んだ後の世界をこう語ります。

私達が、住んでいる世界を現世といいます。

これに対して死後の世界は幽現界、幽界、霊界、神界と大きく4つに分けられます。

私達は死後、まずこの中の幽現界というところに行きます。

この幽玄界というのは幽界と現世のちょうど中間点になるのです。

この現世とは表裏一体のところと言ってもよいでしょう。

この世界は現世と複雑に重なり合っていますので、この世界にいる霊魂はしばしば目撃されることがあります。

よく目撃される幽霊はこの世界にいる霊魂なのです。

私達は死後、肉体からエーテル体に分かれます。

このエーテル体のなかに幽体、霊体、本体とが重なり合っているのです。

この幽体の姿で現れるので幽霊と言うわけです。

一般に人は死後四十九日の間、この世にいると言われていますが、これは現世にいることではありません。

もう肉体がなくなっているのですから現世にはいられません。

ですから幽現界にたましいを置くわけです。



心霊科学でも、確かにおよそ四十九日のあいだ、この幽現界にいることが多いとされているのですが、なかには、四十九日どころか、いつまでもいつまでもこの幽現界にさまよう霊魂たちもあるのです。

あなたが幽霊と呼ばれないために、あなたの愛する人を幽霊と呼ばせないための方法があります。

それには、幽霊になる原因をつくらないことです。

幽霊になってしまうのはなぜでしょう。



その原因はただ1つ、この世界における未練、執着が人をさまよわせるのです。

たとえば、病気によって亡くなった人のなかには、死んだということがわかっても、死後の世界というものを知らないために迷ってしまうことがあるのです。

あなたは、死んだらお墓に入るものだと考えていらっしゃいますか?

もしそう考えているのでしたら、あなたも幽霊になるかもしれませんよ。



気をつけよ〜!↓   そりゃ大変だ! ↓
天国の至福感!ヘブンリーレルムス(天国)

↑ クリックしよ! ↑ クリックして天国へ〜!


      
    (」゜ロ゜)」 ナント  これ。。。

↑ キレ〜ィ!!  ↑これがそうか!! ↑いいこれ!



本当のことを、知ることが大切ですね。


江原さんの生きるとは



江原さんが言うには、人間いつか死にます。

そして、死んだ後の世界はあるのだそうです。

彼の体験をもってみても、確かに存在するのです。

そして死後、個性は永遠に存続します。

すなわち、霊の存続です。

あなたにも霊はあります。

なぜでしょう?

それはあなたも霊だからです。

心霊現象を起こす霊と、私たち人間はまったく同じです。

ただひとつ、間違っているのは、私たち現世の人間は肉体を持っているということだけなのです。

私たちは肉体を持った霊魂なのです。

霊は怖いものだと説く霊能者もいます。

そんなことはありません。

彼は、霊を怖いなどと思いません。

むしろ、いとおしく思います。

それは、私たちと同じ心を持つ人間だからです。

彼はよく皆さんに申し上げるのですが、彼は生きている人間のほうがよほど怖いものだと思います。

なぜかというと、霊はとても正直だからです。

霊は生きている人間よりも、もっともっと正直です。

生きている人間は何を考えているかよくわからず、怖い存在だと思います。

皆さんが恐ろしがっている霊は、とても素直な人間の心そのものなのです。

決して誤解してほしくないのです。

正しい霊の知識を学んで下さい。

人間は肉体とエーテル体と呼ばれる幽体、霊体、本体から成り立っています。

このエーテル体とはオーラと呼ばれます。

このオーラは人間の心境、感情、健康面を如実に現します。

古代の人間にはオーラが見えていたという説があります。

東洋、西洋問わず絵画や仏像などによく描かれているのが見受けられるでしょう。

「死」とは、肉体よりエーテル体が離れ、肉体とエーテル体を結ぶ魂の緒が切れ、エーテル体のみになることなのです。

最近、よく聞く幽体離脱現象とは肉体とエーテル体が、魂の緒のみでつながっている状態のことを言います。

幽体離脱は危険ですので、彼でさえ指導霊の指導なしには幽体離脱をすることはありません。


そうなんだ!↓   これっていいよ! ↓

癒しのインテリアライトヒーリングミスト「霧の泉」

↑ クリックしよ! ↑ クリックして癒された〜!


      
 よ(^ー^)ろ(^o^)し(^ ^)く(^▽^)ね(^ー^)ノ

↑ すっきりした!!  ↑これがそうか!! ↑いいこれ!


そうか、そういう仕組みなんですね。


波長の法則



江原さんは一生懸命に生きろといいます。

いやだ、人生に絶望してしったという人もいるかもしれません。

彼は、心霊科学にこんな法則があると言っています。

それは、「波長の法則」です。

人の想念にはいろいろな波長を持つということを確認しています。

また、霊も想念であり、ある意味では電波とよく似ていると考えられます。

目には見えないけれど私たちの周囲にたくさん存在するのです。

そして霊もまた、いろいろな波長を持つことが確認されています。

人が出す波長が霊の波長と合った時にその霊の影響を受けるのです。

明るく、前向きで志の高い波長を持つ想念はお互いに同調し、自己本位で後ろ向きな低い波長を持つものもお互いに同調します。

そして死後の世界もまた、波長によって分かれる一種の階層世界だということがわかっています。

高い波長の霊は高い階層へ、低い波長の霊は低い階層へと移動して行き、また無限に続く霊性進化への道を歩むのです。

では、現世の100年ぐらいの人生は気楽に、いい加減に生きてもかまわないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

たとえば、あなたが高い波長を持つことができれば、同じように高い波長を持つ霊と同調し、実際の生活も好転させていくことができるのです。

逆に、人が悪い想念を持つとどうなるのでしょうか?

この場合、波長の低い、いわゆる低級霊と同調してしまい、霊の作用は悪い方にばかり働きます。

現実の生活もしあわせとはいいかねるものになってしまうのです。

私たちの毎日の心がけが、あなたの人生の幸福の鍵なのです。

現世の生活のまた、心のありようによって変わってくるのです。

自分が霊であることを知ることは心を知ることです。

心を知り、自らの魂を磨いていく。

あなたがこのことを知り、暮らして行くのなら、あなたのしあわせは案外近いところにあることに気がつくかもしれません。

↓しあわせみつけた?     ↓心がけひとつだね!
『森林浴 ヒーリング・フォレスト(CD-ROM)』

落ち着く〜!!  クリック! ↑ クリックしてね!


    す〜っとするね ヽ(~-~(・_・ )


↑ いいねこれ!!  ↑これってすごいよね!  ↑ これいい!


良いことはしていて間違いがないということですね。


たましいを救済する その2

私たちがこの時代、現代に生まれて生きているということは、決して偶然ではなく、大変重要な意味を持っているのです。

私たちはどこからやって来たのでしょう?

答えは霊界からやって来たのです。

この現世を修行の場として選んだのです。

私たちはみな、自分の魂を見つめ、磨き直すという人生の大きな目的をもって生まれてきます。

そして、私たちがこの時代に生まれてきたことは、私たちがこの時代と深い関わりを持っていることなのです。

私たちは、この世に再生されてきた魂です。

霊界から地上に再生されてくるために、私たちは強い決心をしたのです。

私たちは霊界から魂を分けて、自らの役目を果たすため一番ふさわしい親を選び、国を選び、時代を選んで生まれてきました。

経済的物質的には他に類を見ないほどの繁栄を誇る時代。

しかし、現代は同時に、精神や環境さえ蝕む危機の時代でもあります。

地球崩壊の危機さえある現代。

私たちはこの現代を、霊の修行の場として選んで生まれてきました。

私たちは地球を変えようという志を持って生まれてきたのです。

この強い意志によって地上に再生した魂が私たちなのです。

この世というのは、霊魂にとって厳しい修行の場にほかありません。

豊かな国、貧しい国、良い人、悪い人、善悪いろいろなこの世界で自らを鍛え直す、その目的を果たそうという強い意志があって、あなたは今、ここに在るのです。

ですから私たちは、この人生を無為なものにすることなく、自分の魂の目的を果たさなくてはなりません。

魂の目的とはなんでしょう?

ここに百人の人がいれば百の目的が、千人の人がいれば千の目的があるのです。

たとえば、以前の人生で人を愛することなく人生を終わった人は、この今の人生で人を愛する喜びと苦しみを学ぶのです。

もし、人を傷つけ、苦しめてきた人ならば、この今の人生では傷つけられ苦しむということを学ぶのです。

そして、霊として、苦しみ試行錯誤しながら心の正しいあり方を学びます。

私たち一人ひとりの目的を達成することで、真の幸福とは何かを学ぶのです。

人々がみな幸福になるように、世界が本当に良くなるように、すべての人が願って生きられるとき、初めてあなたの真実の幸福がやってくるのです。

世界のすべての人々は霊によって結ばれた兄弟姉妹であり、一体のものだからなのです。

今、この人生を投げ出さず精一杯生きる。

これが私たちが果たすべき人生の使命なのです。



使命をまっとうする。↓ みんな仲間なんですね! ↓

江原啓之のスピリチュアルバイブル[DVD]

↑ クリックして! ↑ クリックしてみてびっくり!


      
     ヾ( ' - ' *)  ドウゾ

↑ いいでしょ!!  ↑こんなのがあるんだ ↑いいね。


とにかく、精一杯生きることですね。


たましいを救済する その1


江原さんは、1986年、東京にスピリチュアリズム研究所を開設しました。

この研究所は心霊相談とヒーリングを通じて、精神世界を学び、理解することを目的として設立されました。

ところが、彼は気になって仕方がないことがあります。

それは研究所を訪れる人の多くが、みな深い孤独感や不安にさいなまれ、傷ついているのです。

まだとても若いのに「どうせ私なんか生きていたって仕方がないんです」とか「人生なんてつまらない。死んだほうがましです。」

などと口走る。

このような人を前にしたとき、彼はいつもこう問いかけます。

「あなたがここに在るという理由を考えたことがありますか?」


私たちは決して不幸になるために生まれてきたのではありません。

私たちの人生は、私たちだけのものなのです。

そいて、以外に思われるかもしれませんが、私たちはどんなときも決して孤独ではありません。

どんなときでも、私たちのことを見守り、愛し、導き続ける存在が確かにあるのです。

まず、皆さんに知っていただきたいこと。

それは、人間は肉体を持つ霊魂であり、あなたもその1人だということです。

そしてもう1つ知っていただきたいことは、皆さんがここに存在するのは、多くの先祖からの霊の連鎖によるものであり、あなたを守り、教え、導く守護霊が、いつもあなたと共にあるということです。

人間とは肉体だけの存在ではなく、肉体と霊魂からできているのです。

人は死んでも霊魂は生き続けます。

もし、あなたが人生がつらくて不幸なものだと考えているのならば、このことを知るこちは、あなたが生きていくうえで大変重要なことなのです。

確かに人間が百年足らずで消滅してしまう肉体だけの存在だったら、人生はつらいものかもしれません。

どんなにまっすぐ生きようとしても、どんなに一生懸命に生きようとしても、すべては肉体の消滅と共に無に帰ってしまうのですから。。。

この世界が物質のみの空間と時間で支配されているとするのならば、幸福も物質的・肉体的なものに限られてしまうのは当然のことです。

しかし、この世界にある物質はすべて有限です。

有限のものを中心に幸福が存在すると、その幸福も有限なものになります。

その結果、有限な幸福を求める略奪戦が人々のおもな目的になってしまいます。

目に見える物質のみに価値観があるという考え方をするならば、人に与えることは自分が損をすることにほかならないのです。

人間が物質のみで構成されるという考えかたからは、当然刹那的な利己主義しか出てこないのです。

しかし、現代ではこの経済(物質)至上主義がもてはやされているというのが本当のところでしょう。

そして、そのなかで、とりとめのない孤独感や不安にさいなまれ、強いストレスによるノイローゼに陥ったあげく、自殺にいたるケースも多いです。

誰もが漠然とした不安をぬぐいされないでいる。

だからこそ、目に見えるもののみにすがろうとする。

このため人は人に優しくすることが、できなくなり思いやりも愛もなくなります。

こうして、個人ばかりでなくすべての人々を不幸にする「不幸の生活原理」のみが幅をきかせてしまうのです。

しかし、この考えは間違っているのです。

人間は肉体を持った霊だからです。

私たちの霊は無限に続いているのです。

肉体は滅び、消え去ってもなお、私たちの魂は生き続けていくのです。

皆さんがこのことを知ることによって初めて、そこから精神(心)こそが、もっとも大事なものであるという考え、ありかたへのの転換が可能になるのです。

物質的な喜びはつかの間で空しいものです。

私たちがこのことに気づくとき、私たちの人生は変わります。

人々は奪い合う相手ではなく、共に生きる魂の仲間となるのです。

心に愛を持ち、他人を思いやり、人のためにいきられるとき、どんな宝石よりも私たちの気持ちは輝きます。

この皆さんの気持ちが、経済至上主義によって痛めつけられ、壊れかかった世界を救う唯一のものなのです。


そうなんですね。↓ みんな仲間なんです! ↓
『森林浴 ヒーリング・フォレスト(CD-ROM)』


↑   クリック! ↑ クリックして心を落ち着けよう!


      ヽ( ´ー`)ノ スッキリ♪


↑ 見ました!!  ↑スーとしますね。 ↑落ち着いた!!


気持ちの切り替え、ほんの少しでできますね。




広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。