「スピリチュアル芸人」パシンペロンが話題になる



「スピリチュアル芸人」
パシンペロンが『笑っていいとも!』
に登場して話題になっています。


パシンペロンのはやぶさちゃんは、
生まれた時から人の守護霊やオーラ、未来が見える、
スピリチュアル芸人なのです。


昔から“霊感”があったというはやぶさは、
「「気味悪がられるから、あまり言いたくなかった。
仲のいい芸人さんにだけ『実は見える』という話をしていた」
とそうで、
それが口コミで芸人の間で広がっとか。

それをマネジャーが聞きつけて
「そういう特技あったの? それでテレビに出ようよ」
と提案し、仕事を取ってきてくれたのが
「スピリチュアル芸人」としてのはやぶささんのスタートだったのです。

 
相方の
岡ちゃんははやぶささんの霊感を知っていたそうで、
「うそをついてることを当てられて
『うそをついてもだめだよ。なぜなら、私には霊感がある』と言われたので、
それを信じました。
うそはつけない!って思いました」
と話してくれました。



そんな、はやぶさちゃんが木曜レギュラー
ベッキーを鑑定しました。


待つベッキーさんの霊視結果

オーラの色で強い色は紫色とピンク色。

紫色は女性らしさの象徴でもあり、
女性特有の気遣いが出来る人。

セクシーさとか色気とか今までになかったものが出てくる。

ピンク色は恋の始まりを意味していて、
もうすでに恋が始まっているのでは?
結婚は31〜2歳くらいと予想。


守護霊は父方の血筋の人がよく現れていて、
その方が、車の運転には気をつけてくれと言っているそうです。

地方などで慣れない道でレンタカーを借りて運転する場合、
事故に遭う可能性があるので、なるべく横に安心できる人を乗せたり
安全運転を心掛けることによって事故は未然に防げるそうです。

新しいスピリチュアル芸人さんの登場で、
今後の活躍が楽しみです。




「おしかけスピリチュアル」にスピリチュアル女子大生CHIEさん出演決定


最近、話題の
スピリチュアル女子大生、
CHIEさんが、4月から
冠番組として
テレビ東京系
「おしかけスピリチュアル」
に出演することが決まりました。



昨年の
「おしかけスピリチュアル」では、
CHIEが会いたい芸能人として挙げた
ベッキーに会いに行きました。

CHIEはベッキーについて
「頑張り過ぎじゃないですか?」
と話しました。
CHIEは、もう少し甘えたほうがいい恋ができるとベッキーの祖母が話していると伝えました。

次にCHIEはベッキーの家に意識を飛ばしどんな家の造りかなどを言い当てていました。

最後のほうでは、
綾部やスタッフ全員を部屋から出し2人きりで話をしていました。

ベッキーは感想として
「その次元でメッセージが届くんだ」
「確かに人に聞かれたくないことでCHIEちゃんの心遣いに驚いた」
などと話してくれました。

ベッキーに会った後、ベッキーの祖母からのメッセージを言ってからCHIEが涙が止まらなくなってしまった。
CHIEは
「この力のせいで困る。死んだ人と生きている人の区別がつかないため車の運転ができない」
などと話していました。



このような特殊能力が彼女に備わったのは、
14歳の時に自宅で倒れて記憶を喪失したことがきっかけだそうです。

なんでも、すべての記憶を失ったなかで、
「光に包まれた黒い人影に左の手のひらを触れられる」
という不思議な夢を見たそうです。

翌朝目覚めると、手のひらにはキリストの聖痕のようなアザがあり、
それ以来、人のオーラや守護霊が見えるようになったというのです。

少しずつ知識を取り戻しても、夢も希望も持てず、他人には見えない霊や
オーラばかりが見えて、戸惑う日々。

「自分探しのためにお寺や神社で修業してみたんですが、
謎は解明されないまま。

反動で、テレビの中で
人を笑わせてるイモトアヤコさんに憧れて、
同じ芸能事務所の芸人養成所に入ったんです」。
 

そんなある日、
自分も出演した若手の芸人コント大会で
「事前に芸人仲間と遊びで
30組の順位予想をしてみたら、
天文学的確率なのに、全部的中しちゃって。

私の能力が皆にバレちゃったんです」。

そこに目を付けた事務所から、
スピリチュアルタレントへの転身を命じられて、
今に至っています。

CHIEは、
「ただ、この能力が嫌いで仕事にする考えもなかったし、
見えるものの意味を知る参考書があるわけでもないですよね。

だから、これから統計データを取っていって、
意味を学んでいかないと。
まだ私自身が修業中ってことなんです」
と話してくれました。


『パラノーマン ブライス・ホローの謎』イベントにCHIEさん登場

 


映画
『パラノーマン ブライス・ホローの謎』
の宣伝隊長就任式が、
東京都内で行われ、宣伝隊長として、
スピリチュアル女子大生
CHIEさんが登場しました。

MCは、ザブングルの
松尾陽介。

本作は、魔女の呪いによって死者たちに襲われた町を舞台に、
死者と話ができる少年ノーマンの活躍を描いたファンタジック・アニメです。

映画のイベントに登壇するのは初めてという
CHIEさん。
映画の魅力や見どころを語ってくれました。

松尾:今回、本作品を盛り上げるべく、
宣伝隊長に就任していただきます方を
お呼びしております。

死者と話すことができる映画の主人公“ノーマン”と同じく不思議な能力をもつ、
テレビやネットで今最も話題の女子大生CHIEさんです!

CHIE:この度、
宣伝隊長に就任しましたスピリチュアル女子大生のCHIEです。
映画のイベントは初めてで緊張していますが、
映画を精一杯盛り上げられればと思いますので、
よろしくお願いします!

松尾:まずは本編をご覧になった感想をいただけますでしょうか?

CHIE:映像と音楽が本当にクオリティが高く、
人形アニメーションとは思えないくらい動きも滑らかで素晴らしかったです。

私自身、主人公のノーマンくんにすごく共感しましたし、
勇気や感動を得られる作品だと思いました。

松尾:CHIEさんは、人と対面することでオーラや守護霊を感じ、
その人の部屋の中の様子を言い当てたり、
過去にはコント大会の1位〜30位までの全順位をズバリ的中させたなど、
凄い能力を持っているとお聞きしました。
その能力を持ったことで良かったことなどありましたでしょうか?

CHIE:この能力に昔はすごくコンプレックスを持っていたんですが、
最近はテレビに出れるようになったり、
芸能人の方々にお会いできるようになったので、
少しずつ良い方向へ向かっているなと思います。

松尾:今までTV番組やイベントなどで多くの芸能人を見たと思いますが、
そのなかでも印象に残っている方って誰かいますでしょうか?

CHIE:最近お会いしたんですが、タモリさんは素晴らしいオーラの持ち主でした。

すごいなと思う人は大体金色や銀色のオーラを持っているんですが、
タモリさんは全色持っていらっしゃいました。
オーラは感情の引きだしなので、タモリさんは色んな感性や力をお持ちなんだなと思いました。
他に銀色や金色のオーラが見えたのはベッキーさんや松本仁志さんですね。

松尾:ちなみに僕は何色に見えますか?

CHIE:単色で小さめの青色ですね。

松尾:ちなみにオーラ以外で面白いものが見えた芸能人の方っていらっしゃいますか?

CHIEさん:南海キャンディーズの山里さんは、
AKB48さんがすごくお好きと聞きましたが、
ドロップイン(診断対象の部屋を透視する能力)で見たら、
AKBさんよりももいろクローバーZのグッズの方をたくさん持っていました。

松尾:本作品の舞台はブライス・ホローという、
魔女の都市伝説が残る謎が多い町なんですが、
CHIEさんが知っている実在する不思議な町ってあるのでしょうか?

CHIE:町というかパワースポット的な場所ですが、埼玉にある三峰神社という所がすごくいいです!新しい才能やインスピレーションを開花させることのできる場所らしいのですが、
昔、ノーマンくんや私のような能力を開花させるための修行に使われていた場所だそうです。

あとは箱根の白龍神社という場所に先輩の女芸人の方を連れていったんですが、
その後雑誌のグラビアが5ページも決まったんです。

松尾:それ芸人としては違う方向に成功しちゃいましたね。
でもぜひ行ってみたい!
話は変わりますが、主人公のノーマンは死者と話せるという特殊能力を持っている少年なんですが、CHIEさんも今までに死者が見えたこととかってあるんでしょうか?

CHIE:私もたまに見えることがあります。それで一番困るのが運転で...。
自動車教習の時に、走っていると死者が目の前に現れるので、
普通の人だと思って何度も急ブレーキをかけてしまうんです。
そのせいで免許とるのに時間がかかりました。

松尾:同じような能力を持っている
主人公のノーマンに共感できる部分ってありましたでしょうか?

CHIE:昔は近所で変な子だとか、
ちょっと危ない感じで見られて悲しい思いをした事が何度もあって、
受け入れられるまで大変だったので、
ノーマンくんの気持ちがすごく分かります。



スピリチュアル女子大生CHIEさんが『有吉ジャポン』でメッセージ


最近、
話題のスピリチュアル女子大生CHIEさん。

もともとお笑い芸人を目指していたCHIEさんは

所属事務所のコント大会で事前に1位〜30位までの順位を予想。
みごと全てを的中させたことから、
芸能界にその名が知れわたったのです。

14歳で交通事故に遭い、
記憶喪失になり、
そこから人のオーラとかが見えるようになったそうです。

11月放送の『有吉ジャポン』では

CHIEさんの鑑定は本当に当たるのかを検証すべく、
占いどころか人も信じられないような
有吉ジャポンレギュラー陣がCHIEさんの鑑定を受けました。


○西川史子

占いを信じないといいながらも、
手相占い芸人の島田のアドバイスを
素直に受け入れたりしているそうです。


CHIEさんは、
まず西川の自宅を透視。


「白を基調にしてるが、白だけではなくて灰色も出てくる」
「真ん中にガラスが見えるんです」

と話すと、
「当たってる」と驚いたようでした。


また、プライベートに関しての鑑定で、
「テレビに出演したり、お忙しいのに
家事をやったり料理を作ったりと完璧な奥様」
と話し、
納得したようでした。


「結婚生活はどうですかね?」
と若干20歳の女子大生にアドバイスを求めた41歳の西川。


「西川先生自体が、もっと幸せっていうのを
アピールしたほうがいいのでは?」

とアドバイスされました。

西川は素直に
「どうもありがとうございました」
とお礼をいって終了しました。


○太田光代

「占いは基本的には信じない」という太田ですが、
自宅の透視ではCHIEさんは、
「黄色い壁」が見えてきたという

これに対して太田は「真っ黄色はさすがにないけど、

ちょっと黄色がかったベージュはある」
と答えました。

CHIEさんが、
「猫ちゃんが心臓を痛めてる」
というと、
心当たりがあったようで、
太田が自宅でゲームをやろうとししたときに、
機械の音で、
飼っている猫がビクッとして、
胸のあたりをギューっと押さえて
うずくまってしまった事があったと話しました。

気になるようで、
「病院に連れて行ってみます」
と話していました。


○田中みな実

CHIEさんは、
「いっぱい物にあふれていて家はあまりキレイじゃない」
という自宅の透視結果に対して、
田中は、
「すごくキレイで物も少ない」
と答えていました。


○有吉弘行

最後にみてもらった有吉は、
占いは全く信じていない、
あんなものはインチキだと語っています。

CHIEさんは、
「有吉さんは全然見えない」
と答えましたが、
再度集中してみたところ、
有吉のオーラの色は
『青』だそうです。


「有吉さんは今後、何億ぐらいまで稼ぎだすと思いますか?」
と田中の質問に対して
CHIEさんは、
「7億」
と答えると、
有吉は「ありがとう」といって握手を求めていました。

意外に出演者たちは、
CHIEさんのコメントを
信じていたようです。
これからの活躍が楽しみです。







天国の娘ともう一度話すため父親が開発した通信機


事故で娘を亡くした直後から、
家の中で娘の存在を感じるようになったというアメリカのある男性が
技術者としての知識を活かし、
死者の存在を検知して、
声の録音もできるという装置を開発しました。




アメリカ・コネチカット州に住む
電気技師ゲイリー・ガルカさん(57歳)は、
17歳で亡くなった娘のメリッサさんと話をするために、
死者と通信するための霊界通信機の開発しました。

米放送局FOXや
米紙ハートフォード・クーランなどによると、
ゲイリー・ガルカさんは、
今から8年前の2004年、
当時17歳で高校生だった娘のメリッサさんは、
自動車を運転中に木に衝突してしまい、
還らぬ人となったのでした。

深い悲しみに包まれたガルカさん一家でしたが、
彼女が亡くなって数日後から、家では立て続けに不思議な現象が起き始めたというのです。


その現象は、
「ドアのチャイムが鳴ったのに、
外へ出ると誰もいない」
「テレビのチャンネルが勝手に変わる」
「部屋の電気が付いたり消えたりを繰り返す」
などなどです。

ゲイリーさんはほかにも
「彼女が私の部屋に入って来て、
ベッドの端に座ったように感じた」
経験もあったそうです。
妻シンディさんや娘2人は、
より一層メリッサさんの存在を感じる出来事を体験しているそうです。

3人は「彼女の声を聞いた」と主張していて、
娘のヘザーさんに至っては
「3回彼女を見た」といいます。

そのため、
メリッサさんが家に来ていると確信した父は、
「医学用品や宇宙関連の製品を生産する会社」
の技術者としての知識を活かして、
彼女の存在を感じ取るための装置を開発しました。


「Mel-8704-SB7-EMF meter」
と呼ばれる装置を使うと、
周辺の電磁波や温度に変化がある場所などを捉え、
霊の存在を確かめられるそうです。

また、霊が発する声を捉えて録音する機能も搭載されていて、
現在349.90ドル
(約2万8,000円)
でゲイリーさんの会社から販売しています。


YouTubeにも公開されていて、
ゲイリーさんが録音した声を披露しています。

ノイズの中で、メリッサさんとされる女性の声で
「ハロー、ダディ、ラブユー」と話しているのがはっきり聞こえています。


ゲイリーさんは、
「誰も私たちのような人のための製品を作っていなかった」
として、
超常現象を捉える装置の開発に踏み切ったと話しています。

もちろん、携帯電話やテレビカメラ、電波塔や太陽活動といった多くの影響で電磁波の乱れが起きると指摘し、装置に懐疑的な見方をする専門家もいるそうです。

それでも彼はそうした意見も理解した上で、
肉親を亡くして悲しむ人に役立って欲しいと希望を話しています。

ゲイリーさんが開発したさまざまな装置はこれまでに
「数千台売れた」そうで、亡くなった人との繋がりを求めて購入する人が少なくないそうです。

また、売り上げの3分の1は、
ゲイリーさん一家のように子どもを亡くした家族を援助する団体に寄付しているそうで、
同じ立場の人たちを少しでも助けたいと思う彼の気持ちがうかがわれます。

信憑性が高まれば、
日本でもぜひ販売してほしいですね。





「奇跡のリンゴ」木村秋則さんの不思議体験


無肥料・無農薬栽培の
「奇跡のリンゴ」
大変おいしいと評判のりんごで、
なかなか手にはいらないそうです。

そんな、奇跡のリンゴ農家として日本国民に広く知られるようになった
木村秋則さん。



木村さんは大変苦労し20年くらいかけて、
「奇跡のリンゴ」
にたどりついたそうですが、
何故「奇跡」なのかというと、
なんとこのりんご、腐らずに2年間もつというのです。

本当に奇跡ですね。



木村氏は高校生のときから、
いくつかの不思議な体験をしています。


最初は、高校時代に学校の帰り道、
突然、世の中の時間がストップした体験をしています。


道路の反対側を歩いてきていたオジサンがぴたっと止まったそうです。
片足を上げたままです。

びっくりしていたとき、側の防風林から巨大なワニのようなものが出てきて、
防風林から道を挟んで上空にまたいで、
大きなゴツゴツとした顔が目の前にあったそうです。


次の瞬間、この巨大なワニのようなものが防風林の先に移動し、
体の全体像が見えたそうです。
それは龍だったそうです。

その後、
龍は上空に飛んで行ったそうです。


次に35歳くらいのころ、
今度は幻想を見ています。


ギリシャ神話に出てくるようなソクラテスに似た人が、
丸い石に座っている部屋に木村さんもいたそうです。

その部屋には、頭上に一本の鉄パイプがあり、
そこに穴のあいた板が何枚も立てかけられていたそうです。


そのソクラテスに似た人が、
「待っていたよ。
君に手伝ってもらいたいことがある」
と木村氏に声をかけたそうです。


「そこにある板をこっちに移してください。」
木村さんは、
言われたとおりに、
一畳くらいある重い板を、
何枚も、一所懸命運んだそうです。


運び終わったあと、ソクラテスに似た人に。
「この板は何ですか?」
と尋ねると、
彼は、
「カレンダーです。」
と答えたそうです。


さらに、「何のカレンダー」と尋ねると、
彼は、
「地球のカレンダー。
この1枚が1年分」と答えたそうです。

驚いて、「これで全部終わりですが、
あとはないんですか?」と、また、尋ねたそうです。


彼は、「ありません!」
「ないってことは、地球がないんですか?」
と尋ねた瞬間、目が覚めたそうです。

木村さんはこのときの、幻想を良く覚えていて
「地球カレンダー」
が何枚あったかまで覚えているそうですが、
幻想のなかでソクラテスに似た人から
「口外してはならない」と口止めされたため、
いまだに誰にも言っていないそうです。

木村さんは、
最近になってマヤ歴の2012年終末説を知ったそうですが、
それよりは「地球カレンダーは長い」そうですが、
気の遠くなる程、長い期間でもないそうです。


この後も、宇宙人にUFOに連れていかれた不思議体験をしていますが、
そこに木村氏と同じように連れてこられていた白人の女性がいたそうです。 


このUFO体験は夢ではないかと思っていたそうですが、
後になって、木村氏が、
たまたまテレビを見ていたところ、
「宇宙人に連れ去られた経験がある」
という女性映っていて、
その女性が一緒にUFOに乗っていた白人女性だったそうです。

この瞬間、UFO体験は本当だったんだ、と思ったそうです。


それ以来、過去の龍と出会った体験や、
地球カレンダーの件も真実なんだ、と信じるようになり、
地球に残された時間は少ないと思い、
何かを残さなければならないと、
無肥料・無農薬リンゴの栽培に人生をかけたそうです。


十年以上も食うや食わずの極貧の中で、
命がけで研究して確立した木村さんの自然農法。


その生き方は多くの人を感動させています。



ちなみに、世界のオノ・ヨーコさんも
木村さんに感銘を受けて、
自身のホームページで、
木村さんのことを書いた
『奇跡のリンゴ』
を英語に翻訳したものを全世界に発信しています。

オノ・ヨーコさんも認める
本当の奇跡の人ですね。




ザ!世界仰天ニュースにナンシー・ウェーバーさん登場


ザ!世界仰天ニュースに、
アメリカ・ニュージャージー州に住む
スピリチュアル・カウンセラーの
『ナンシー・ウェーバー
(Nancy Orlen Weber)』さんが登場しました。




元看護師で患者の症状や痛み、死期までをも予測していました。

さらにはある事件の犯人の身長や出身地を霊視して、
警察に通報し事件解決に導いているのです。





ナンシー・ウェーバーは、1944年、
ニューヨークに生まれた。

彼女は、物心ついた頃から自分の意識の中に見えないはずの光景や音が入り込んできたといいます。

それは他人の心の中の強い気持ちがわかるという能力でした。


看護師になったナンシーはその能力で患者の病を心の目で見ぬき癒してきました。

その噂は広がり、
ニュージャージーの小さな街では有名な存在になったのです。





この不思議な力を持つナンシー。

家族がナンシーの不思議な力に気付いたのは15歳の時。

妊娠した姉が訪ねてきた時、
姉の子供が生まれる日にちと時間、
性別、体重まで言い当てたそうです。

それから、
地元の病院で看護師として働き始めました。

他人の強い思いがふいに聞こえてしまうことがあったんだとか。



彼女の力は地元では有名になり、
刑事もナンシーの力をかりるようになったのです。

現在、彼女はアメリカで、
スピリチュアル・カウンセラーとして有名になっています。



「強い思いは、
必ず人に届くのです。」

と彼女は言っています。




さらに今回、
スタジオのゲストの将来を見ていただいたのでした。

中居 :大丈夫ですか、
これ。





『金スマ冬の2時間半スペシャル』に美輪さん登場


『金スマ冬の2時間半スペシャル』のゲストとして
美輪明宏さんが出演されました。


・美輪さん登場

美輪さんの写真を携帯の待ち受け画面にすると
幸せが訪れるという都市伝説が語られています。

また、出会えばご利益がある、
コンサートでやまいがなおった
など美輪さんブームが起きています。


中居 :美輪さんに質問させていただきます。
それでは最初の質問まいりたいと思います。

Q.美輪明宏さん、あなたはいったいナニモノですか?

美輪 :この世に魂の菩薩行に来た菩薩のひとりです。

で、菩薩というのは、その上の段階まで行かない人。
 
中居 :そういう難しい答えじゃわかんないんですけど。

美輪 :あなただったら分かるでしょ?

中居 :美輪さんは今、おいくつなんですか?

美輪 :72歳ですよ。

本当は500か600(歳)だと思いますけどね。






・2人目のゲスト参議院議員の姫井由美子さんです

2007年7月29日投票の第21回参議院議員通常選挙において、自民党前職で自民党参議院幹事長の片山虎之助を破り初当選を果たす。

選挙運動の際に「姫の虎退治」をキャッチフレーズに活動し、初当選後は今回の参院選の象徴区とされました。

しかし、初当選の喜びの直後に過去の恋愛や文書偽造疑惑が報道され、
その際の週刊誌などへの対応が不十分として、民主党岡山県連から厳重注意処分をうけました。

中居 :たぶん、TVでこのような話をされるのは始めてと思うので。

美輪 :「煙のない所には火は立たない」というのと、「根も葉もないない」のと
2通りあるじゃございませんか、どちらなの?

姫井 :一時は夢を共有してた事がありましたし、
私は『事務所の1階をコミュニティのカフェにしたい』、
相手の方はそこで『以前やってたカフェレストランをしたい』
なかなかそこから次のステップに踏み出せない。

私は、過去のことよりも明るい未来に踏み出して欲しいと思っています。

美輪 :あなた今おっしゃってたキレイ事じゃなくてね、恋愛感情っていうのは抜きだったの?
   
姫井 :私は、夢を追う人を応援したい。
それが、恋になったりすることはあるんですけれど。 
夢の共演をがんばっていたんです。 

美輪 :あれほどね、オドロオドロしいものに書き立てられるものではなかったとおっしゃりたい訳。

姫井 :あれは、自分が見てもびっくりしましたし、
子供とは、「ママとぜんぜん違うよね」という感じで、
家庭の中が暗くなったりすることがなかったのが発見でした。

夫と子供が成長して、
最初は、私が守ろうというのが、私が守られているというのをすごく感じました。

中居 :参院選の前にこういうことが明るみになってしまうんじゃないかなっていう風に考えられたことはあったのですか。

姫井 :大きな選挙に出ると怪文書が配られたり「色んな事が出るよ」とまで言われてたんですけど、
結果的に出ないで投票日まで行ってしまったので特にそんなに用心とかしなかったんですね。

美輪 :小沢(一郎)さんはなんておっしゃっていましたか。

姫井 :「マスコミは友達じゃないよ」とぼそっとおっしゃってましたけれど。

美輪 :週刊誌やTV、マスコミとかはどう思いました。

姫井 :こういうことで、私をとおして政治に注目してもらうことによって、
これを逆手にとってこういうことに興味のある方に政治はこうなっているんだよ。

それは、生活に直結してるんだよって興味をもっていける対象になっていけたらと思っています。

美輪 :マスコミというのはね。

プロになってから、芸能界56年間になるんですよ。

それで、見ておりまして、マスコミが胴上げするのは3回までなんですよ。

持ち上げられた人は、得意の絶頂でもう落ちないと思っているわけ、
4回目に手を離すんですよ。
そして、ドシンと落として泥をつける。

そのために胴上げするんですよ。


中居 :家族へのメッセージがあるとお聞きしたんですが。

姫井 :何よりも家族を大切に思っていることと、
私が家族に恥ずかしくない行動をとり続けていくことで胸を張って歩いている姿を子供たちや夫にも見せたいと思っています。

美輪 :自分の家族を幸せにできないものが、日本全体を幸せに出来るわけがない。
そう。 おっしゃるとおり。

中居 :日本国民のためにがんばって下さい。







ソウルメイトに出会う方法


ソウルメイトというのがあるそうです。

ソウルメイトといのは、前世でなにかが原因で深い関係にあった人が、またなにかのきっかけで、今世でなにかを成し遂げようとする関係のことなのです。

前世で息子だった人が、今世では父親かもしれないし、前世の母親が今の恋人になっているのかもしれないのです。


たとえば、今、自分の息子が問題を起こして大変な目にあっているとします。

その原因を、心理療法の退行催眠などで探っていくと、暴力をふるう夫と妻の関係だったことがわかったりします。

また、前世で行なった逆の行為を今世ですることでバランスを取って業(カルマ)を解消する作業だったりすることがわかるのです。

こういったことがわかることで、相手を許し、お互いに理解を深め愛し合うことでたましいの成長をしていくのです。


ソウルメイトにもいろいろあって、もともとひとつのたましいが男性と女性にわかれてツインソウルと呼ばれるものになる場合もあるそうです。



注意したいのは、ソウルメイトに絶対に会いたいと思ってを探しても、なかなか見つからないそうです。

本当にあなたにとってその人が必要ならば、自然と出会うようになっているようです。

それに、ソウルメイトも自分のいるレベルで違うので自分の成長に合わせて周りを見渡せば、その人にふさわしい人が現れます。

自分の人生を振り返ってみると、そういえばあの人はソウルメイトだったなと思えるぐらいがいいかもしれませんね。





“五日市剛”は座敷童子?


座敷童子(ざしきわらし)という、主に岩手県に伝えられる精霊的な存在がいます。

クチコミだけで90万部を突破した『ツキを呼ぶ魔法の言葉』著者の五日市剛さん実は、岩手県の金田一温泉「緑風荘」は五日市さんの実家なのです。

そこの『槐(えんじゅ)の間』と呼ばれる部屋があって、そこに座敷童子がでるというので、いまだにそこの部屋の宿泊予約が数年先までいっぱいのようです。


五日市さんが住んでいるころは、その旅館を含め温泉街はにぎやかだったそうですが、彼が引っ越してから寂れてしまったそうです。

彼が、体調がいい日は天気が良くて、体調が悪かったり、いきたくない場所に行かなければ行けない場合に雨が降りやすい傾向にあったのです。
実際、子供の頃は、お祭りなんかによく呼ばれていたのです。
お祭りは雨が降ると大変なので、隣町にも呼ばれたことがあったそうです。


社会人になって博士号をとってから、ある大手の会社に入社したそうです。
そしたら、その会社がぐんと成績が良くなって、会社の人たちからは「おまえはいいときに入社したな」と言われました。

それから数年後、名古屋の会社にヘッドハンティングされて、彼が入った年に、創業以来の最高益を出しました。

彼のボーナスも3倍ぐらいに増えて、年収もかなり増えました。

しかし、残念なことに彼が、退社してまもなく赤字に陥り大変なことになったのです。

そして今は、独立して数社の顧問を務め、自身でも会社をやっていらっしゃいます。


このような現象をもたらす人は、ちらほらいるそうです。
五日市さんが知ってるだけで、数人いて、大企業に勤めている友人が転勤すると必ず転勤先の成績がぐんと伸びるそうです。

でも、そこを去るとかなり落ち込んでしまうのです。

故意にそうしているわけでもないの本当に不思議だといえますね。



実は、私も同じような経験をしています。

私は、その時、祭事用の料理を配達する仕事をしていました。

いつも私が配達するときは、小雨か晴れることが多いのでの同乗していた方に「私が、意外と現地に着くと晴れるんですよね。」と言ったら、
そんなことはありえないと否定されたのです。

まだ、若かったので意地になって「晴れます。」と断言しました。

しかし、外の雨は結構、ザアザアと本降りに近いぐらい降ってます。

現場に到着して、「あー。変なことを言ったので帰りはバカにされるかな」と心で思っていました。

でも口では、「必ず晴れます。」といって荷物を降ろそうとしたら、その家の付近100平方メートルぐらだけ、雨がやみ、雲から薄日が差してきました。

相方に、「ほら晴れたでしょ。」と言ったらあ然としてました。


自分でも、今思い出しても、狐につままれたような体験でした。

しかし、あるんですね。 意外と。

信じる信じないはどうでもいいですが、世の中、不思議なことはいろいろありますね。



アリソン・デュアポが受け取ったサイン


スピリチュアル・プロファイラーのアリソン・デュアポさんは、未来に起こる出来事を予知できるそうです。


未来に起こることを予知するためには、サインを見つけることだそうです。

サインが、見えない存在とのコミュニケーションの形だと受け入れる人だけが、サインを読むことができるのです。

サインが送られてくるのは、私たちがより良い人生を送れるように、亡くなった人たちが私たちを導こうとしてくれているのです。


アリソンが、プロの霊能者になるか法科大学に行こうか迷っていたとき、周りの霊に「サインを送ってください」と頼みました。

彼女は、いくつものサインを受け取りました。

車を運転していて道を間違えて、なぜかナンバープレートに「ORACLE(預言者)」と書かれた車の後ろについてしまう。

次の車のナンバープレートを見ると「MEDIUM(霊能者)」だし、
その後、「ORACLE(預言者)」という看板の前を通りすぎて知っている通りにでました。

その後、息をつく間もないくらい多くのサインが提示されました。

さらに、法科大学への願書を記入漏れがないように入念にチェックして締切日より数ヶ月前に発送しました。

ところが、締め切り日の2日前に、提出した出願願書が全て郵便で返送されてきたのです。

ついていたメモにで、足りないと指摘された書類は、チェックリストでは同封したことになっているのです。


彼女は、霊能者であることには誇りを持っています。

しかし、自分が決めた目標に進んでいるときは、他の可能性を見ることが難しくなるものだといっています。


さまざまな形で送られてくるサインは、慰めにもなるし導きにもなります。

だから、サインを与えられる幸運に恵まれたなら、心に留めるべきだといいます。

それを無視したからといって結果が変わらない場合もありますが、そのことを後悔することもしばしばあるそうです。

サインを受け取ったら、それを真摯に受け止めて最善の策をかんがえるのがよいようですね。


アリソン・デュボアの兄


アメリカのスピリチュアルプロファイラーである
アリソン・デュボアさんには、兄マイケルがいます。


アリソンの兄は、亡くなった人たちを見たりその声を聞いたりする自分の能力を、受け入れるべきか無視するべきかで悩んでいるのです。

しかし、マイケルは軍隊にいて戦争に行ったのですが、その直観を駆使して五体満足で帰還することができました。

マイケルは、今、自分の能力と格闘しているのです。

亡くなった人の姿が見えるのですが、その人の言っていることを聞くことに関しては、まだ訓練中です。

何か言っていることは聞こえるのですが、そこから言葉を拾うことができないのです。

そんな状態は、とてもじれったいのだそうです。

マイケルは、ことが起こる前に何かがわかる。

危険を察知するだけでなく、人々やその動機についても素晴らしい直観力を持っているのです。

同じ部隊のランクの高い軍人さえ何人か亡くなった戦闘から、彼が無事に帰還できたのはその能力のおかげでした。

アリソンとお互い見たり聞いたりしたことを話すのです。
そうすることで、お互いの能力の勉強をしているそうです。


ただ、特別な能力があるからといって、その能力を使った仕事をしなければならないというのではなく、
自分の能力について理解しようとするだけで十分だということです。




アリソンのメッセージ

“亡くなった人を豊かにするものは生きているときの思い出”


亡くなった人から、
どれだけお金があったとか
どれだけものを持っていたかを見せられたことは一度もない。

彼らが見せてくれるのは、
人生をたのしくしてくれた人たちだ。

死んだ人を本当に豊かにしてくれるのは、
生きている間に貯えたそういう思い出なのだ。


アリソン・デュボアさんの3人の娘


大人気の全米ドラマ「ミディアム」(WOWOWで第2シーズン放送中)のモデル・スピリチュアルプロファイラーの
アリソン・デュボアさんには、3人の可愛いい娘がいます。

彼女の娘たちも霊能力を受け継いでいて、自分には見えるがほかの人たちには、見えないものが見えることを上手に教えています。


番組にたまに登場する一番上の娘はアリエルは、なかなかやり手で、人気者。
どんなスポーツでもエネルギーの全てを注ぎ込み、いまだに限界をしらない。

また、ロケット科学者である父親の数学の才能を受け継いでいます。


真ん中の娘、ファロンは、とてもにぎやかで素晴らしく歌がうまくて、小さな子供にしては知恵深いところがある。

ファロンは、お皿の上のおかずを混ぜて、マッシュポテトで動物の形をつくる。

頑固だが感性豊かで、母親の知っているどんな子供にも優る生まれながらのコメディアンです。

本人はいたってまじめだから、よけいにおかしい。


末っ子のソフィアは、小さくて元気いっぱいだから、だれもが彼女を好きになる。


彼女の娘たちがそれぞれの能力に気づき始めるに従い、小さい霊能力者として彼女らが見たり聞いたりしたことをどう「読む」か説明しているそうです。


あるとき、長女のアリエルに、行方不明の少女の下の名前を紙に書いて渡し、見たり感じたりしたことを何でも書き出しなさいと指示しました。

特に期待していたわけでもなく、娘が犯人像を描けるどうか見てみたかっただけでした。

だから、娘がアリソンが描いたものと類似した犯人像を描写した紙を手渡したときには、愕然としたのです。

娘は、「ママ、私、なんだかあてずっぽうやってるみたいな気がしたんだけど」と言っていました。

幼い霊能力者がこういう言い方をするのは無理もない。

それは、詳細が娘の頭の中にどんどん浮かんでくるので、情報を受け取るのが簡単すぎるように思えるからです。

このことを説明して、娘をほめてあげたのでした。

これを確認すると、娘による犯人の車の描写は正しかったが、メーカーのスペルを間違っていて、改めて娘が年若いか思い知らされたのです。

これから、彼女たちの活躍が楽しみですね。





霊能力で難事件を解決


独自の霊能力で犯罪捜査に協力し、大人気の全米ドラマ「ミディアム」(WOWOWで第2シーズン放送中)のモデルとなった美人スピリチュアルプロファイラー、
アリソン・デュボアさんが6月に来日します。

 
アリソンは夫、3人の娘と暮らす普通の主婦ですが、死者とコミュニケーションする能力を持ち、難事件解決に協力。

ドラマではパトリシア・アークエットがアリソン役を演じ、エミー賞主演女優賞に輝きました。

 
来日は、ドラマの第1シーズンDVDが8月3日にパラマウントからレンタル開始されるためで、トークショー付き試写会などに出席するためです。



彼女は、生まれつき、死んだ人が見え、声も聞こえるという能力を使って、地方検事局殺人課で未解決になっている殺人事件や失踪ケースを調べ、付きとめるというものです。

実は、この話は実話に基づいてドラマ化したものです。


アリゾナ州フェニックス在住。
3人の娘の母で、ご主人は、航空宇宙産業のエンジニア。


このドラマがとても共感を呼ぶのは、彼女の「特殊能力」以外は、
こころ優しい母親であり、不正や悪に怒る普通の人間であるというところです。

3人の娘さんにもこの「特殊能力」は、受け継がれているのです。

ドラマの中でも、上2人の娘がそれぞれ、「特殊能力」を発揮する話があるそうです。

一番上の子は、連続して毎日見る「夢」を母親に話したことから、
その夢に導かれて、2年間も失踪した少女を救出することになります。

こういった人が、日本でも出てくると難事件解決が期待できますね。



『愛する人の霊はいつもあなたのそばにいる 』


葉祥明とスピリチュアル


絵本作家、画家、詩人の葉祥明(よう・しょうめい)さんは、エコロジー運動や地雷廃絶運動などで活躍されています。

彼は、エコロジーや社会問題はとても深刻で個人の力ではどうしようもないことがあるそうです。

さまざまな活動をしていると、無力感にとらわれたり、怒ったり、やりつづける意欲をなくしたりするのです。

しかし、スピリチュアル(精神世界的)な知識や感覚を身につけるとこれらの問題に希望が見えてくるのだそうです。

この世では良い目に遭わなかったという人も大丈夫、それはそれでちゃんと意味がある。

だから、逆にエゴイスティックに生きたり、動植物を傷つけ苦しめると、自分が苦しめたというエネルギーがブーメランのように戻ってきて、いずれは自分が体験しなくてはいけないことになるという知識を持つことによって、平和運動もエコロジー運動も、あるいはハンディキャップを持って生まれた人も、支える人も、みんなが希望とゆとりをもってできるのです。

一回の人生なのに、私は目が不自由、私は美人に生まれなかった、あの人はお金持ちなのに私は貧乏など、狭い見方をすれば一見そうですが、これを高い次元から見るとどんな物事でも、バランスがとれるようになっています。

たとえていうなら、ディズニーランドで絶叫マシンに乗って「この世は絶叫マシーンだった」という人はいないでしょう。
乗り物を降りればないのです。

テーマパークだから、お化け屋敷やメリーゴーランドもあるから好きなものを選んでいいということになります。

同じように、運命や宿命に振り回される可愛そうな私ではなくて、それを自分で選んでエンジョイすることです。

こう考えると、自分の人生に何か、今までと違う意味が出てくる。
と同時に生きがいも出てくるのです。

そんな風にスピリチュアルの知識を使うのです。

また、それを伝えるために絵本や言葉を使っているのだそうです。




「心のエネルギー」で病気を治す

 


1929年英国ケニントンに生まれ、幼い頃から透視や予知能力などの
超能力を発揮していたベティ・シャインという人がいました。


彼は、様々な超常現象を体験し、「心のエネルギー」によって
人を癒す力を身につけました。


そして、有名な霊能者との出会いを経て、自分が治療家であることを自覚します。

自分の特殊な能力を用いた治療活動を通じて、
すべての人間が持つ心のエネルギーの素晴らしさを示し、患者の自己治癒力を喚起しました。


彼は、言っていました。

医者の手に負えないため不治というレッテルを張られる患者が今なお実にたくさんいる。

不治とされる患者はたいてい、鬱積した否定的なエネルギーが大事な部分を圧迫しており、主要な器官やその他の部分の働きが悪くなっている。

医学は信じられないほどの偉業をなしとげたにかかわらず、生あるものがまず第一番に必要とする生命力エネルギーの存在を医学的に証明することはまだできないでいる。

そのため、真の原因がわからず解明の努力もなされないままになっている病気が無数にある。


ずっと昔、医者が今ほど忙しくなかった頃は、患者の枕もとに座って手をにぎり、
「あすはよくなりますよ」と声をかけたものだった。

こういう医者は生まれながらの治療師だったのである。

薬も手に入れるのが容易でなかったからあまり使わなかった。

患者の手を握っていると治療エネルギーが流れ込み、治療プロセスが始まるのである。


私は生まれながらの治療師でありながらそれを意識していない医者に何人も出会ったことがある。

彼らは医者としての腕前がいいだけでなく、愛と思いやりに満ちている。

生きとし生けるものに対する思いやりを持たない人は、治療師として本当の効果を上げることはできない。

人に治療を施すためには、心の奥底に思いやりがなくてはならないのだ。


彼は“心のエネルギー”について語り、医者や医療と依存関係を結ぶのではなく、それを使って自分で自分の未来を切り開くよう仕向けていく、とても広い愛情を感じることができます。

目に見えないものの大切さを教えてくれますね。





スピリチュアル記念日に江原さんの特番TV放映!!


3月31日は、英国で人間が霊と初めて交信したと報告された“スピリチュアル記念日”です。

それを記念してか?
江原さんと“嵐”が31日放送のフジTV「江原啓之&嵐 現代人の悩みを救え!緊急生放送SP!!〜明日への扉〜」(仮題、後3・30)を放映します。

江原さんは「この日に番組をやることに意義がある」と意気込んでいるとか。


番組内容は、4時間半の生放送で2部構成。
1部(後3・30〜5・30、関東ローカル)は、歴史上の大事件や事故の裏で活躍したスピリチュアリストたちの歴史を江原氏が解説。

2部(後6・30〜8・54)では、計100台のファクスをスタジオに用意し、江原氏と嵐が視聴者から寄せられた生の相談に答えるものです。

 
江原さんは「今、悩んでいる人も、そうでない人も、この番組を通して元気に生きていくヒントを感じていただければうれしい」。

江原ファンの松本潤は「いつか江原さんにお会いしたいと思っていたので、一緒に番組を作れてうれしい」と喜んでいるそうです。




ちなみに、スピリチュアル記念日とは、1848年3月31日 アメリカ、ニューヨーク州ハイズヴィルで、ポルターガイスト(ラップ音)が発生します。

そこの住人フォックス家の三姉妹と霊との間で公開交信が成立しました。

その時、自分自身が殺されたという霊の訴えが、事件発生から56年後の1904年11月23日、この家の当時の持ち主が、地下室の横穴から首の無い死体と被害者が使っていたであろう大きなブリキの荷物入れを発見しました。

霊との交信内容で衝撃の事実関係が、ほぼ実証されました。


その後もこの不思議な心霊現象はイギリスでさらなる研究を重ねることになります。

その研究所は当時ケンブリッジ大学にあり、研究者としてタリウム元素の発見者である“ウィリアム・クックス”や、ノーベル賞を受賞した生理学者“シャル・リシェ”など世界最高峰の科学者が名を連ねていました。


そして彼らは、この頃誕生したミーディアム(霊媒)を使った実験で、さまざまな霊との交信に成功。

これらの研究によって彼らは「霊」、そして「あの世」の存在を確信するにいたったのです。


江原さんが、意気込むのも無理はない記念日ですね。






グループソウルがある



ある時急に、いきなりまったく別の才能が芽生えることがあります。

それを江原さんが語るには、ガイドスピリット(指導する先生)が変わることで起こるそうです。
そのときの役目が変わることで、その人についてる専門のスピリットも交代するそうです。


スピリチュアル的には、私たちは一人ではなく、ある程度同じメンバーで立場や性別を変えながら学んでいるそうです。

それを“グループソウル”といいます。



あなたの妻はかつての母かもしれないし あるいはあなたの父はかつての親友かもしれません。

そんな風に立場を替わりながら それぞれが自分の魂の向上を目指し、それぞれのために役割を割り当てあい自分自身の人生の主役として この地上に肉体を持って生まれてくるのです。

あなたの嫌いな人はもしかしたら あなたに何かを気付かせるために嫌われ役を引き受けてくれているのかもしれません。

そう考えると、嫌いな人も許すことができます。


初めて会った人なのに、何故か前にも会ったことがあるような懐かしさを感じる人はいませんか?

もしかするとその人があなたのグループソウルの一員かもしれません。
グループソウルは、5〜6人ぐらいではなくかなり大きなグループだそうです。

しあわせになるコツはグループソウルを見つけ身近に集めることだそうです。
どうぞ、さがして見てください。



タグ:江原啓之

沖縄のカミンチュは不幸な人が多い



沖縄には、古来から存在する民間の巫女・シャーマンのことをカミンチュ(神人)といいます。

カミンチュになった人に動機を聞くと、ほとんどが「好きでなったのではない」と言うそうです。

カミンチュのほとんどを占める女性のカミンチュは、ほとんどといって良いほど離婚歴があるのです。

カミンチュになることを拒む彼らにさまざまな災難が降りかかり、けっきょくイヤイヤながらカミンチュに招命されることを承諾するのだそうです。


自分の役割を見つけることは、彫刻を彫ることに似ています。

彫刻を彫っていくと削りくずがでます。


それを削りくずを出せば出すほど彫刻はどんどん掘り進むので、見方によれば、それは自分の役目をどんどん表に出していくのです。

彫りくずがいっぱい出るほど、彫刻は進んでいくことになります。
そのときには、マイナスを撒き散らしているように見えます。

ただ、時期がきて彫刻が完成したら、その彫り屑(悲しいこといやなことなどマイナスのこと)を一気に掃除する時が来ます。 

その時に、自分の人生の役目に気づくのです。


きついなとか苦しいな思ったときは、それが自分を見つけるチャンスです。

すぐ隣に、しあわせが待っています。









「百鬼夜行抄」TVドラマ2月スタート


日本テレビ系ホラードラマ「百鬼夜行抄」(土曜深夜1・20)が2月3日にスタートします。

あらすじは、霊能力の強い飯嶋律と従姉の飯嶋司、広瀬晶、そして律の父親の体を借りた妖魔の青嵐、庭の桜の木に住む酒好きな妖魔、尾黒・尾白が、常人の目には映らない世界に住む霊、妖魔と関わる様子を幻想的なタッチで描いている作品です。
しかしそれらを退治するような勧善懲悪、使命感を描いている作品ではありません。


主演する細田よしひこと共演の酒井彩名たちが東映撮影所で会見し、霊感について語りました。

普通には見えないモノが見える少年・律(細田)ら飯嶋一家の不思議な日常を描く物語。
劇中で妖魔たちを見まくる細田だが、「金縛りだ!と思ったら筋肉痛だったりと霊感がまったくないので、普段の逆の感覚をやればいいと思ってやっています」と楽しげです。

一方、酒井は「昔あったのに20歳を過ぎるくらいから全然見えなくなりました」と残念だとか。

律の母役のいしのようこは「日常的にいろいろなことが起きています」と霊体験抱負な様子です。

律の父に憑いた妖魔役の渡辺いっけいは「幽霊が大好きなのに見たことがないんです」と悔しがっていました。

早くみたいですね。2月までまてない待てないな。


↑百鬼夜行抄!!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。