「おしかけスピリチュアル」にレオナルド・ディカプリオが登場


スピリチュアル女子大生・
CHIEが、
勝手におしかけしあわせの種をまく、
「おしかけスピリチュアル」
今回は、
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」
で来日している、
ディカプリオにおしかけました。

「タイタニック」、
「ロミオ&ジュリエット」
で活躍したディカプリオ。

CHIEが制限時間5分間で
レオナルド・ディカプリオの
スピリチュアルチェックすることになりました。

ディカプリオ :今、どんな感じですか?
なにを、感じているんだろう...。

CHIE :ディカプリオさんからみえてくるのは、
緑色のオーラなんですね。

ディカプリオ :僕にとって緑色と言うのはすごくうれしいですね。
地球環境の問題をずっと推進してきたので。

CHIE :みどりいろというのは、やさしくて、純粋な人にでる色なんですよ。

ディカプリオ :ありがとう。

CHIE :ディカプリオさんと(今回の主役)ジョウダンとは、
まったく逆のように感じるので。

ディカプリオ :この映画をつくりたかった理由のひとつに、
僕とまったく違う人物、本当に欲にまみれた人、人間誰しもがもつ性質をみてもらって、
警告をならすという意味でも、
どうしてもつくりたいと思って映画を撮りました。

CHIE :この映画をつくって、
またつよくなったって、
守護霊がいうんですけど。
歳が90歳以上ぐらいかたで。

ディカプリオ :
それはありがたい。
祖母は聡明ですばらしい人間でした。

こういうインタビューは、
初めてでもう少し一緒にいたかったよ。
オゥケイ センキュー

・なんと、ディカプリオが、
を賞賛するバッチグーのポーズをとってくれました。

ディカプリオ :本当によかったよ。


○無理を承知で伝え切れなかったことを伝えにイベントにおしかけ

ディカプリオ :久しぶりですね。

CHIE :先ほど、伝え切れなかったんですけど、
今年は、ディカプリオさんにとって転機の年でとてもいいことがあるというメッセージが来たんですね。
夏からがいろんな考え方が変わったりとか、
家族にたいする重いとかが強くなったりする。

ディカプリオ :彼女は、とても興味深いね、
僕の中身を本当にみていると思う。

CHIE :この映画の中で、ナオミ(妻)とテレサ(元妻)がでてきたけれど、
実際に奥さんにするならどっちがタイプですか?

ディカプリオ :どっちか?
2人のいいところをミックスした感じかな。

・岡田がディカプリオのオーラを書いた絵をみせると。

ディカプリオ :マイオーラ?
緑のオーラすごく気に入ったよ。
(CHIEに)緑を着てるし。

CHIE :おばあちゃんいつもついてますよ。

ディカプリオ :センキュー ベリー スィート
(ありがとう、とてもやさしいね。)


・CHIEに向かって、別れ際にウィンクまでしてくれていました。

岡田 :(別れ際に)あのウィンクみました?

CHIE :レオ様にハートを盗まれましたよ。

・今年の夏、レオ様の動きに注目です。









































LiLiCoがおしかけスピリチュアルで感激


スピリチュアル女子大生・
CHIEが、
勝手におしかけしあわせの種をまく、
「おしかけスピリチュアル」
今回は、ビビる大木 と映画コメンテーター
LiLiCoの元を訪れました。



○ダウンロード

CHIE :愛されるってなんだろうって、思う部分とかないですか?

LiLiCo :ファンの方からLiLiCoさんきれいっていわれても、私綺麗じゃないのにとか、
なんか、そういうのがずっとあります。

CHIE :で、原因とかありますので、いっちゃってだいじょうぶですか?

LiLiCo :うん。

CHIE :好きとかいわれても、過去の暗い部分とか知ってるって。

LiLiCo :それは、人生ずっとあります。

CHIE :強い部分、弱い部分を両方持った人の赤紫のオーラが、
紫と言うのは、さびしかった部分があるんですけれど、
やさしさを感じられないのは幼少期にあってお母さん愛してくれなかったりとか、
いまだにそれがわかったらちょっとだけ楽になったりしませんか?

お母さんもいえないけど、
本人もさびしかった。
LiLiCoさんも愛を感じるのが不得意。

LiLiCoさんって今世愛されるために生きてきてるんですよね。
わかんないかもしれないけれど、きらわれることはないんですよ。

これをずっといってるのがおばあちゃんなんですよね。
わかりますよね、おばあちゃんが唯一愛をくれた人じゃないですか、
自分が世界一愛したLiLiCoさんのことだから、
みんなにすかれてるのをみみにいれないからきらわれてるんじゃないかとか、
いままでもあってきてるけど、
ちょっと裏切られるとほらやっぱりって。

大木 ;どうですかLiLiCoさん今日、CHIEちゃんと話をしてみて。

LiLiCo :とってもよかったです。






京都「大黒寺」にある金運アップのご神水


金運アップにご利益があるパワースポットが、
京都にあります。


京都市伏見区にある
「大黒寺」は、
出生大黒天様をご本尊とする真言宗のお寺です。




その大黒天様は、
現世利益の神様で五穀豊穣・財福の神としても有名です。

「努力の汗に幸せを必ず報いてくださる」
といわれ、多くの神様でも一番身近にいらっしゃる神様だと言われています。



さて、その大黒寺の境内に、
資産が増えるというご利益があるといわれている名水があります。



それは、
「金運清水」
と呼ばれる井戸水です。


この井戸、
2001年に掘られたものです。

「金運清水」の名前の由来は、
溢れいずる水の中に金色の光を感じたところからだといわれています。

霊験豊かな水で、
大黒天様にお供えされているのです。


そのご利益は、資産増加をはじめ、
金運良好、厨房守護、子孫繁栄にもご利益があるといわれています。

資産が増えるというすばらしいご利益ですので、
一度は出かけて行きたいスポットですね。




○金運には前兆現象がある

去年、100万円の宝くじが当たった国生さゆりさんですが、
宝くじが当たる前に、
「幸運の前兆現象」
があったというのです。

番組収録の楽屋でロンブーの田村亮さんと撮った写メの背景が、
金色に光っていたのです。


国生さんは、
「幸運の印かも 宝くじ買いましょ」
というコメントを見て、
宝くじを買ったのですが、
そのうちの1枚の宝くじが
なんと100万円に当選したのでした。


金運がよくなるような前兆には、
注意したいですね。








奇跡を呼び込む「オクターブの法則」


奇跡を呼び込む方法のひとつに、
「オクターブの法則」
というのがあります。



これは、音階の
ドレミファソラシド
という音には、
共鳴現象を起こす働きがあることを、
小学校の音楽の授業で習ったことがあると思います。

たとえば、
同じ音階のドの音をならすと、
ある高い音階のドまで音が共鳴するということです。

これが、人間の成功の過程でも、
不思議な現象として起こることがあるというのです。

どういう現象かというと、
ある位置にいた人が、
一瞬でステージアップして、
何層も上のステージに飛躍できるということなのです。



たとえば、
無名のAという人が成功を目指して魂を磨き、
よい波動で生きていたとします。

すると、先に成功している、
BさんがAさんの中にある資質に、
自分と同じものを感じ取ったとき、
まだ低い位置にいたAさんは、
Bさんの共鳴で、
一気に成功者の仲間入りができるのです。

そして、大きなブレーンとご縁を結ぶことで、
大きな仕事を得て、
あっというまに、地位と名誉と財産を高いレベルで実現してしまうということが起きるのです。


私も、気づくと
「オクターブの法則」
だと思えることがありました。

他の成功者の人も
「あの○○さんに会って、
一気に上に引き上げられたって感じだった」
と話しているのを聞くことがあります。

そのときは、自分ではまったく知り合いになれないような人、
近づくにはレベルが違いすぎるという人に、
考え方やあり方を共鳴してもらって、
好意的にサポートを受けて、
あっという間に自分も同じステージに立つことができたということになるのです。

あの人との出会いがなければ、
今はなかったというものですね。


自分自身を磨き、高めて、
魂が成長することをいつも心がけていると、
そういう素晴らしい出来事が起きるのです。

しあわせになるには、
いつも自分を高めておく必要があるようです。







相田翔子さんが困っている不思議なこと


幸せいっぱいの相田さんが目にした不思議な出来事

ご主人が亡くなった愛犬そっくりに行動するというのです





江原 :たしかにね、亡くなったわんちゃんなりが自分のオーラに接触して、
それが念波としておかしな行動をとらせることはたしかにあるんです。

あと、もういっこあってね、
ご主人はそういう行動をとってるつもりはないでしょう。

相田 :ないですね、自然にやってます。

江原 :でしょう、
相田さんにみせつけてやろうとかふざけたものはなんにも見えないわけね、
むしろ本人は、そんなことやってるということがあるんですよ。

自分自身の目が、そういう行動をとっているように見えちゃうんですよ。

本人が、そういう行動をとってない場合があるんです。

だから、妄想とかそういう境がむずかしいというか、
相手は、普通にしてるのですが、
相田さんには、こういうこと(犬のしぐさ)をやっているようにみえるかもしれない。

相田 :あれは、妄想なんですかね、
背中をかいてというので、かいてやると、
犬がきもちよさそうな行動をとるんです。
あれは、妄想なんですか。

江原 :相手は、普通の行動をとっているんですけど、
自分は、わんちゃんとの思い出があるから、
そういう行動をとっているように見える。
妄信して、切り替えて見えるんですよ。

自分から作り上げることもあるかもしれないし、
ワンちゃん実際になくなってもいるわけだし、
いるよっていうある種、霊視かもしれないんだけれど。
いくつものことがまざりあってるんです。

ご主人がそういうことをしてるかとうと、
それは大げさな表現で、そういう風にみえる。

だから、相田さんのほうで、
もう少し感情を抑える、
それで、感情過多になっちゃうでしょう、
愛着もあるし、そこで一拍おいて、
さっき深呼吸しましょうなんておっしゃってましたが、
そういう気持ち。

ああ、まだ、自分がそういうことをのぞんでいる気持ちがまたみせてるなとか、
でないと相手をせめてるぐらいになるから、
なんでそんなことをするのなんていうとお互いつらくなるから。

でもね、ときどき確かに相田さんに念波を送ってくるのね。

なぜか、『忘れ物をしないこと』。

相田 :はい。

江原 :忘れ物が多いはずなんです。

相田 :このあいだ、マネージャーさんにあげたお菓子を自分でまた持って帰ってきちゃった。

はい、どうぞって渡して、
それをまたもって帰ってきちゃった。

美輪 :おもしろいわね。

江原 :鍵の閉め忘れとか、
こういうのが一番ね。

不思議なんだけれどね、動物というのは、そういったことをサポートしようといった気持ちがあるのね。

相田 :えー。

江原 :なんか、助けよう、サポートしようという気持ちがあるのね。

国分 :そのわんちゃんが手伝ってくれてるわけですか。

江原 :うん。
だから、そういうことも心配いらない自分になることも大事なの。

相田 :はい。

そうですね。





愛犬が心配するほどうっかりしている相田さん

夫婦の将来を考えるともっと大きな心配がありました




相田 :個人的な趣味でモデルガンを集めてるんですけれど。

それが家にあちこちにあるのは大丈夫ですか。

江原 :あまりよろしくないですね。

相田 :そうなんですか。
えー。

江原 :というか、凶器なんでね。

国分 :だんなさんの趣味ですか。

相田 :わたしの。

国分 :えー。

そうなんですか。

美輪 :銃とかね、モデルガンとかね、
そういう戦いの名前がついたり、波動をだしたりとか、
そういう種類のものは、
なるべく避けたほうがいいんですよ。

でないと、身を守るとかね、闘争的になるとか、
そういう心象風景に自分がすーっとそっちにいっちゃうんですよ。

そうするとだれもいれない、
そして、人を見るとすぐにあっ敵だと思うとか、
そういうふうな想念にかわっていくんですよ。

同じオブジェでもいろんなオブジェがあるじゃないですか、
和のほうのね。

たたかいではなくて、
和のほうのオブジェっていうのがありますね。

そういうものをお集めになったほうがいいとおもうのね。

江原 :それとね、
相田さんのご夫婦、
お二人に共通してマイナス点があるんですよ。

それはね、わりと言葉が単刀直入。

ぶっきらぼうひどいときは、
あの、単語だけで、ぽんぽん、
まるでさっきの話でね、
ピストルでうちあっているみたいなのね。

相田 :彼がとにかくお話好きで、
ずっと一日の出来事を話してくれるんですけれど、
お互いに話がおおいんですけれど、
けんかになったときは、すごい。

江原 :それで、エスカレートするとお互いに戦闘モードにはいるじゃないですか、
それで、お互いがどのうにはいってばばんとやってる会話なの。

そういうエナジーっていうの。

美輪 :そうなっちゃうのね。

江原 :だから、そういったものをかたずけてね、
和のもの、平和のもの、
ハーモニーにしていくと。

相田 :危険な二人になってますけれど、
結構、普段はのんびりとした。

江原 :モードにはいるとね、
見てるとなにしろ子供けんかみたいなものだからね。

ただ、年数たつとだんだんエスカレートしてきてね。

国分 :今のうちにそれをしとけばといことですね。

江原 :そうそう、うん。


世界チャンピオン“内藤大助”さんの意外な素顔


今週の「オーラの泉」ゲストは内藤大助さんでした。
ボクシングで世界一になったチャンピオンの意外な素顔がわかりました。





・ボクシングをはじめるきっかけ

内藤選手は中学からのいじめを克服するため、ボクシングをはじめました。


国分 :ボクシングをする人とかガキ大将の人とかが、
なるようなイメージなんですが、内藤選手の場合は違いますね。

内藤 :僕もそういうイメージを持っていました。

国分 :いじめを受けたことがきっかけですか?

内藤 :まったくそうですね。

中学の頃のグループのリーダーに嫌われて、すごいつらかったですね。
シカトとか無視。

家が、ぼろい家に住んでたときがありまして、「ボンビー」とかあだ名を付けれれて、蹴られたりとか、本当にいじめられてましたからね。

つらくて胃潰瘍が出来ました。
中学の時に胃カメラ3回のんでますからね。

国分 :それで、自分は強くならなければいけないとか、見返してやるぞとかいう気持ちになったんですかね。

内藤 :ありましたね。

近くにボクシングジムがあるのを聞いて、もしボクシングをはじめたらいじめられなくなるんじゃないかって。

美輪 :それは、正解でしたね。

私は身の上相談でよく言うんですよ。

いじめられる男女でも、合気道ぐらいはやりなさいって、相手に攻撃はできなくても、身を守ることはできるからって。

合気道でも古武道でもやると自信が付くからって。

内藤 :まったくそうですね。

美輪 :それが、世界チャンピオンにつながるんですから。

内藤 :まったく、世界チャンピオンなんて考えてませんでした。








・入社式直前で会社をクビになった

国分 :入社式の前に、内定の会社からクビになったというのはどういうことなんですか?

内藤 :内定が決まったのが、高校のころアルバイトしていたホテルだったんですよ。

厨房だったんですけれど、
「やりたいことないし、ここに就職しようかな」って感じで、入社試験もちゃんと受けて、受かりまして入社式までアルバイトを続けてたんですよ。

そのときに、先輩ともめまして、上司に相談して厨房はいやだと勝手なことをいったんですよ。

そして、その権限が総支配人にあるらしくて、
「厨房に就職が決まっている子が、厨房以外に移してくれっていってますがよろしいですか。」っていったら
「はあ? 
なんだそいつは、いらないよ、いらない。」といって入社式直前にクビになったんです。

それを、母親に言ったんですけれど、あきれてなにもいわなかったですね。

そして、兄が上京してたので、母親がこっそり電話して
「大助は、北海道にいたらもうどうしようもないから、そっちであずかってくんないか。」っていったら
「ああ、いいよ。」っていってチケットからなにから用意してくれましたね。

クビになった一週間後には、追い出されましたね。

国分 :怖いのは母親とゴキブリ聞きましたが、そんなに怖いんですか?

内藤 :北海道に帰ったら必ず説教しますからね。
怖い人ですよ。

国分 :プロになったときは、よかったねとかほめてくれたりとかそいうのはないんですか?

内藤 :一切ないです。
生まれてこの方、ほめられた記憶がないです。

国分 :世界チャンピオンになってもですか?

内藤 :そういう人ですね。

美輪 :だからね。
女でひとつでやってこれるんですね。

江原 :いじめにあったことを、お母さんが知らないということはないですね。

よろよろと帰ってきたり、しゅんとなっている背中をみてなにかあったことはもちろんわかってますよ。

言われることで、内藤さん自身がいじめにあっていることを理解するのが嫌だったんですね。

わざと遠回りして、気持ちを入れ替えて帰っている様子が見えるんですよ。
当時のね。

内藤 :(江原さんの霊能力に対して)すごいね。

江原 :それは親ですので、わかってます。
強く育てなきゃいけないし、お母さんご自身もいっぱいいっぱいだった時だし。

働いて働いてで、いっぱいいっぱいだった。

親子共々が、生き抜くことで精一杯の時代だったと思うんです。







■母親がインタビューで語る

母 :おっかないお母さんだといってるみたいだけれど、
今のおかあさんたちが優しすぎるの。

なになにちゃんみたいにちゃん付けしてるでしょう。

私たちの時代はね。
余裕がなかったし、子供に手をかけてどうこうというのはなかったから、厳しいというのがあったかもしれないけれど。

いじめられていたことを言っていたのは最近のこと。

どうせ、お母さんならいじめた子供をやっつけて帰ってこいというだろうとわかっていたし、自分は体が小さいから体力的に負けるからいわなかったと言っていたし、私もそういっていたかもしれません。




○小さい頃はいじめられても、絶対弱みを見せない子供だった内藤選手でした。

江原さんへの疑問


・江原への質問

Q.これまでにあった芸能人・有名人でオーラのすごかった人はだれですか?
印象的な守護霊を持っていた人はだれ?


江原 :オーラの大きさはありますよ。

香取 :すごい人とかいますか?

江原 :(香取さんに対して)すごいですよ。

オーラの色とか、慎吾さんは赤がつよかったりするけど、赤が強いからすごいことはないんです。

「私のオーラを強くするにはどうしたらいいんですか」とかみんなゆうんですけれど、
“オーラは経験と感動のスタンプです”っていってるんです。

悲しみとかを乗り越えれば赤いのとか、冷静に考えるので青いのとか、
7色のオーラを持つことがいいわけですよ。

ただ、強いだけのことをいうと、新庄選手ですね。
浮世離れしている。
超人的。 超能力者みたいなそういうオーラ。
手からでるオーラとかすごかったですからね。

「オーラの泉」の舞台が全部のまれたなって感じでしたからね。

香取 :強いというのは、色が濃くておおきいんですか?

江原 :輝きですね。
全部、蛍光色ですから、その輝きが強い光り具合とか。

あの方は、純粋、それだけ集中力があるんですね。

でも、(香取さんと)似てますよ。

香取 :僕がですか?

江原 :いつもいってるじゃないですか。
すぐれたオーラを持ってますよって。

だから、輝けるんですよ。

香取 :すごく、うれしいです!








Q.守護霊ですごい人

江原 :みんなすごいんですけれど、あれは魂の親といってね。
みんなふるさとがあるんですよ。

だから、そこの人なの。
自分のことを自分で見てるから、ご利益を与える人じゃないですよ。

守護霊が優れているということは、試練を与えますよ。

印象的なのは、米良美一(めら よしかず)さんね。

後ろについてる方は、お師匠さんで厳しい方。
米良さん自身もいろんな試練を経てね。
一つ一つ人間を磨いてきたんだなということが、印象的でした。

香取 :守護霊というのは、僕のイメージの中では、マンガみたいにピンチのときに救ってくれるですけれど?

江原 :そういう時もあるけれど、
「わたしツイてないです」って人をみると、わざとしてるときが多いです。

つまずきなさい、自分の未熟さをよく見なさいとうことで、
だから、この世のことで運がいい、運がわるいといっちゃだめなんです。

だから、生まれてからいいことだらけだったら人の痛みも悲しみもわからない人間になっちゃいますよ。

すぐれた守護霊ほど、いろんな病気をしてみたり、愛を知るわけですよ。

すぐれた守護霊で自分は成長したいって人は、いっぱいいろんな目に合いますから。

香取 :人生難しいですね。





スマップはどうですか?

江原 :非常にすぐれてる。 なぜなら個性がばらばらだから。
だから、補い合えるんです。

香取さんは、意外と調和のオーラをもってらっしゃるんです。
だから、まとめ役になるんですよ。

後の人たちは、個性的なオーラをもっているから。

誰かが、突出してたらだめなんですよ。
まとまっているから、活躍できる。





香取 :ニュースを見ててもわかるんですか?

江原 :言うべきことがあるとか、オーラとかでわかるんです。

集中してみてると、スイッチ入っちゃうんですよ。

人生相談もそうだけれど、真剣に聞き入っちゃうときもそうなるんです。
いけないってセーブしています。

香取 :雑誌でもわかるんですか?

江原 :写真。 サイコメトリーっていうんですけれど、そいうものを通してみるとか。

セーブしないと普通の生活は出来ないですよ。

それが、16とか17とか、車の免許を持ってないんですよ。
恐ろしくて、集中してると現実との境がわからなくなっちゃうんですよ。

香取 :江原さんみたいな方っているんですかね。

江原 :おおよそは、みんな消えていくんですよね。

逆に言うとない人はいないんです。
パーセンテージの問題で、感のいい子とか、大人でもなんだかそんな気がするとかインスピレーションで。

それが10とか20、すぐれた霊能力者でも60から70。

だって生きているからです。

100になったら、(あの世に)行かなくちゃ。

霊能者ってみんな万能じゃないですよ。
みんな、鍵穴を通してのぞきこむんですから。

霊能的なことでは、当たるとか外れるとかいうことばはおかしいんですよ。
とらえ方。

たとえば、象徴的に見える映像をどれだけわかるかってことが能力です。

香取 :でも、それを聞いたときに当たってるっていっちゃいますよね。
当たるとか外れるとかじゃない。

江原 :当たるんだったらそこにどんな意味があるか考えてくださいということです。








Q.おすすめのパワースポットはありますか?

江原 :パワースポットとスピリチュアルスポットはちょっとちがうんですよ。

パワースポットは、すごくパワーの強いところ。

スピリチュアルスポットは、聖域なんですね。

パワーのあるところで言えば、海と山。

海は浄化、山は癒しでね。
山は温泉とかあるでしょう。

海は、よく盛り塩とかしますでしょう。
あれは、浄化する力を塩として持ってきてるんです。

スピリチュアルスポットは、パワーとプラス、スピリチュアルなものが必要なんです。

今回特別教えるのは2つあって、宮崎の高千穂と長野の戸隠ね。

行かれてみると自分は判らないなという人でもしんしんとした神聖なエナジーを感じるなってこの2つは判るんじゃないでしょうか。

香取 :行ったときになにかしなければいけないこととかあるんですか?

江原 :私は、ただ、ご利益を求めて行って欲しくないんです。

自分自身を見つめなおすときに行って欲しいんです。

そのときに新たな、インスピレーションとか力とかを得て帰ってくることに使われたらいいと思います。

香取 :反対にわるくなるところもありますか?

江原 :ありますよ。 心霊スポットとか。

ダメ。 悪趣味です。

香取 :もっと大きなものはあるんですか? 
東京23でこの区はあぶないとか?

江原 :(うなずく)

香取 :あるんだ!







Q.時計を見ると11時11分の時がよくあります。
通り過ぎる車のナンバーをみると1111だったり、ぞろ目をよく見るというのはなにか意味があるのでしょうか?

江原 :そんなときは感覚として覚えていてください。
ネガティブに考えないで、そんなときはインスピレーションがものすごく鋭いときなんですよ。

だから、今、さえてるよって合図なんです。
今、勉強しようとしている時などはよしやろう!というふうにもって行くといいと思います。








Q.人は生まれると名前をつけられますが、どのくらい影響するのですか?
それとも単にシンボルでしかないか?
江原さんのお考えで教えて下さい。

江原 :生まれたときにつけられる名前は自分ではどうにもならないことでしょう。
生まれるときは、誰もが自分の目標を持って生まれてくるんです。

だから、そこでつく名前の意味ということはしっかり理解したほうがいいですね。

名前がいいとか悪いじゃなくて、付いた名前の意味を考える。
ただ、いいとか悪いでは単純すぎるんじゃないかと思います。


Q.人間には誰しもコンディションがいいときと悪いときがあります。
江原さんも霊が認識しずらい時があるんですか?

江原 :あります。
それと、相手によって合う合わないがあるので、そういった場合時間がかかる場合があります。

人間ですので、体調が悪い場合は衰えたりもします。

Q.江原さんはなにを召し上がるんですか?

江原 :バランスよくなんでも。
今の人は感謝をわすれています。

天地あってのものですので、いつもいただきますと。









Q.よく私は泳ぎが好きなので、前世はイルカだったという人がいますが、私は人間は人間にしか生まれ変わらないという不思議な確信がありますが、この考えはあっていますか?

江原 :はい。

実はね、霊的進化というのがあるんですよ。

動物が人霊になるときはありますが、人霊が動物になることはないんです。

人間は人間なんです。
それまでに、鉱物→植物→動物→人霊ってあるんです、信じる信じないは別にしてね。

ダーウィンの進化論とも違う霊的進化論というのがあって、
動物の中でも、野生の動物と人間にかかわる動物とがあってまたぜんぜん質が違うんですよね。

進歩していってる、だから、どんどん人間っぽくなってるでしょう。
だから、魂のボランティアなんですよ、動物を飼うこと接することはといっています。

だから、動物に負けないようにしないといけないですね。
せっかく人間になってるのに、あなたちょっと犬っぽい人っていっぱいいますものね。








Q.私の両親はお互い仲が悪くてお互いの利益のために結婚生活をつづけています。
この場合、お互い嫌いなのに同じお墓に入れていいのでしょうか?

江原 :死んでお墓に入らないですよ。

みんなね、「かろとの中に入って小さくなって生きていると思ってる」のでしょうかと思うんですよ。

みんな死んだら霊的世界に行くんだから、
その未練とか執着がいけない、そう思うぐらいだったらすぐに離婚したほうがいいです。

小我というです、そんなに仲が悪いんだったら分かれればいいんです。
それがいやだったら、大好きなご主人でも大好きになっていかなければダメですよ。

子供みたいなわがままはダメです。

「スピリチュアルで何とかして下さい」とかそういうのはダメ。

スマステで江原さんの霊能力を聞く


Q.霊能力はいつからあったんですか?


江原 :いつからということはないんです。
夫婦喧嘩を見てたりして。

生まれて、物心付く頃までの記憶もあって、
0歳のときに集中豪雨で床上浸水したときにも押入れの上にのせられた景色の記憶もあるんです。

そして、オーラというのは誰にでも見えるものだと思ってたんです。

普通のことだと思ってて、みんなが見えないと気づいたのは小学生のときでした。

ものすごい不安でした。
病気だと思いましたよ。

香取 :お父さんの黒いオーラは周りを囲む感じですか。

江原 :トンネルの中にぽつんといる。
そこにいて、そこにいない感覚。

姉と7つ離れているので、ものすごくかわいがられたんですよね。

それで、いつも(父親の)ひざの上にのってあそんでたんですけれど、その日以来、近寄らなくなっちゃったんですね。

それから、3日後だったんです。
連絡が来たときには、病院に運ばれてて、それからしばらくして亡くなりました。

最後も大泣きして父親に近寄らなかったので、悲しい顔をして出かけていったのが最後でしたね。

母親が、そういうことを頭ごなしに否定しなかった。

ただ、「言わないほうがいいよ。」ってことだけを言われていたので、すごく孤独や不安感はあったんだけれど、
あっそうなんだと思ってから口にしなかったんです。








・江原さんの家族にもあった霊感

香取 :江原さんひとりと思っていたんですが、
お姉さんも霊感があったんですか?

江原 :姉はね。 
学生時代薬局のアルバイトとかしてて、誰もお客さんいなのに自分だけお客さんと相対してたって。

そしたら、薬剤師さんが「えらいね、練習してて」って言われたって。

本人は、はっと振り向いたらだれもいないというのはしょっちゅうで、
それで、二人とも一緒におなじものを見たりとかね。

まったくではないですが、今は少しはあるみたいです。


香取 :江原さんのお父さんとお母さんはそういう力はあったんですか?

江原 :母は、もしかしたらそいう力はあったのかもしれないです。

祖母は、東京大空襲を生き延びたのは、見えるとかじゃなくても予感とかが強かったんでしょう。









・これから起こることの予想

香取 :江原さんは、今後の日本のこと、それこそ地震がいつ起きるとか?

江原 :宿命と運命とがあって、人生は基本的に決まってないんですよ。

たとえば、1年ぐらいのことは、おおよそ今があってのことでしょう。
だから、あるていど予想するけれど。

そうならないように努力することのほうが大事なんですよ。

見えたものとか、人の人生決まっているわけじゃないんですよ。

素材と料理といって、その素材をどう料理するかなんです。

それが運命、運命はつくるもの。
でなければ、人は努力する必要がなくなっちゃうんです。

そしたら、寝て暮らしてばいいことになっちゃうでしょう。

こういう能力があるからスピリチュアルカウンセラーになったと思われるのが間違いで、違うんですよ。

あくまでも、自分は人生の中で、
人はなぜ生まれ、なぜ死んで、そしてどうなるのか。

なぜ、自分の親も含めて、しあわせという人と不幸という人がいるのかとか人生という哲学を持たなければ生きて来れなかった。

そこにプラス霊的なものがあったから、そこで解明することができた。

それを伝えなくちゃいけないなという思いのほうが強かった。

人を助けるなんておこがましい。

同じように悩んでいる人に、伝えようというだけのことなんですよ。

メッセージを伝えるのは哲学。

要するに、人生の摂理を伝えることのほうが大切で、
安易に霊能で人生変わりますよということはない。

どう見ても私の家はのろわれた家ですよ。
でも、それぞれに意味があって生まれてきて、いきてきてうちの両親はすごく不幸な生い立ちなんですよ。

それがようやく家庭をつくって、いざこれから幸せにって時に未亡人になりそして、女手ひとつで子供を育てて(江原さんが)15で死に、
それで、いったい人生はなんなの。

こんなに一生懸命生きてきた人がなんでこうなの。

それを自分自身が乗り越えられなければ、自分自身も生きていけないと思ったんです。

香取 :18歳の頃、能力がなくなるってことは、これから江原さんも一切能力がなくなることもあるんですか?

江原 :あるかもしれませんよ。
でも、それも意味のあること。

だから、それであって僕は困るとかいったことは一切ない。

大事なことは、人はなぜ生まれなぜ死ぬのかということをみんなで一緒にかんがえて、示せることは示していくだけですから。

霊能でできるのは、デモンストレーションだけだから。

霊能で現世利益を求めることは、私のいっていることとぜんぜん違いますよ。

いまは、本を書いて、
個人のカウンセリング一切受けつけていません。

土台のほうを知らないと。

なんでも不幸、不幸、不幸っていうでしょう。
でも、それは違うということ。

香取 :うーん。
















「SmaSTATION!!」(スマステ)で江原さんの人生を大公開!


今週の「SmaSTATION!!」に江原さんが生出演していました。


「オーラの泉」では、いつもゲストの聞き役ですが、今回は、香取(慎吾)編集長が江原さんがゲストという形で意外な話が聞けました。





・江原さんの人生

江原さんは、東京生まれで言葉を覚えたころから周りをおどろかせていたそうです。

たとえば、火鉢が燃えているといったのが、母が火鉢を見てもどうもないので「うそはやめなさい」といった数時間後に火鉢が燃え上がったり、
買い物に行くという父が血まみれに見えたので「いっちゃだめ。」といって止めたのに、信用されませんでした。
その言葉通り父は、自転車で転んで血まみれで帰宅しました。

また、母親の目を通してみたという夫婦喧嘩を再現して見せて、親戚中をおどろかせたりしました。


不思議な能力を持っていたのは、江原さんだけでなく、姉と祖母も持っているそうです。
祖母は、東京大空襲を予知して、避難所を逃げだし、命を取り留めたこともあったというのです。


4歳の頃には父親に闇のように黒いオーラを見たのです。
それから数日して、父親は薬害によってこの世を去りました。

小学校に入ってからもそれは続いて、オーラのまぶしい光で黒板も見えないほどだったのです。
友達や先生からも変わった子供と見られていました。


それを支えていたのは、母親で
「お前には見えていても、
ほかの人には見えないこともあるんだよ」と諭していました。

それでも、年をおうごとに霊感体質がなくなり中学生頃には普通の生活を送れるようになっていました。

そんなある日、母親が亡くなる夢を見て、15歳のときに母親をガンで亡くしています。

母親は、意識がなくなる前日に
「お前は、18歳までは守られる。
その後は、一人で生きていかなければだめ。」と言い残しました。
その時から、霊感が戻ってきました。

高校から芸術系の大学に進学する頃に、昼夜を問わず不思議な現象になやまされることになりました。

学校、寝ている場所、通学路あらゆるところで霊に遭遇し、家を出ることもままならなくなって、ついに大学を中退してしまいました。

母の予言どおりに18歳から大変なことになり、警備員のバイトをしながらなんとか生活していました。

そんなとき、バイト先で霊媒師という存在を教えられたのです。






○どうすれば、普通の生活が出来るかが知りたくて霊媒師めぐりを始めたのです。
怪しい人も多かったのですが、20人目にして信頼にたる人物に出会いました。


江原 :僕には、なにか悪いもがついているのでしょうか?

信頼できる霊媒師 :大丈夫、あなたには悪いものはついていませんよ。
まずは、霊能力をコントロールすることからはじめましょう。




この時、江原さんは、自分の人格や波長を高く保てば低級霊はよってこないこと、
お坊さんの霊に守られていることを告げられました。

そしてなによ江原さんの力になったのは、
“霊的な力を使って人を助けることが出来る”
という言葉でした。


この時から、自分の能力をコントロールするための修行を開始。

寺にこもっての荒行、さらに毎日のように滝に打たれて神主の資格を取り神社でも働いた。

生活するのもやっとという貧しさの中でも修行を続け、
ようやく霊現象に悩まされることもなくなったのです。

それから、東京の世田谷区で“スピリチュアル研究所”を立ち上げ、
カウンセリングを開始。
自分の能力を生かして、人のために役立つようになったのです。

そこで出会った女性とのちに結婚、子供にも恵まれ、しあわせな家庭を手に入れることになりました。






○さらに霊的な理解を深めようと
1990年にスピリチュアリズムの研究が盛んなイギリスで学ぶことを決意。

ネラ・ジョーンズ
(霊能力で犯罪の解決を得意とするスピリチュアリスト)

テリー・ゴードン
(大英スピリチュアリスト協会会長)

ドリス・コリンズ
(霊視、ヒーリングなど、 オールマイティなスピリチュアリスト)

など、著名な霊能者に直接会い、理論や技能などを学びました。

その時に身につけた技術が

“シッティング”
ただ相手が目の前に座るだけで、相手の生年月日、質問したいことなど聞くことなくすべてを見通しメッセージを伝えるという方法。


江原さんは、シッティングを通し霊的世界は本当に存在するということを示し、人々を救いたいと考えたのです。


その後、日本に帰国してカウンセリングと本の執筆を始めました。

「幸運を引きよせるスピリチュアル・ブック 」が70万部を突破して
以降、これまでに900万部以上になるそうです。

また、大学時代に始めてた声楽を生かし、CDをリリース。
美輪さんのすすめで「スピリチュアル・アーティスト」として活動。

そして現在は、TV、ラジオ、本、CD、ライブなど幅広く活躍を続けています。







・シッティングとは

香取 :シッティングっていうのは?

江原 :日本人は悩みを聞いて相談に答えるというのが主流なんですよ。

でも、あちら(イギリス)ではそういう人ってあまりいないんですね。

人生相談的なことは、別にどこかに行ってくださいっていわれるんです。

ミディアム(霊能者)というのは、霊的な存在を伝える実証のみなんですよ。

だから、安易に未来を予想してみたり、現世利益的なことを伝える存在ではないんです。
それは、あくまでも研究の一環なんです。








・スピリチュアルカウンセラーってなに?

香取 :スピリチュアルカウンセラーってほかにもいるんですか?

江原 :イギリスで、ある霊能者が、スピリチュアルカウンセラーという名前で活躍しているのを知って、私はそれにすごく感銘したんですよ。

日本で霊能力者っていうと、現世利益で、自分はなにもしなくても拝めばよくなるとか、そういう誤解が多いじゃないですか。

あくまでも、私はスピリチュアルな世界は“ギフト”(贈り物)、向こうではよく“スピリチュアルギフト”っていってメッセージを得ることで。

それをもとに、自分の人生を乗り越えていくということが大事なんです。

だから、ギフトをもとにカウンセリングをしていくことが本来の姿だとおもってスピリチュアルカウンセラーを名のったんですけれど。

今、日本はいっぱいのスピリチュアルカウンセラーがいて、
私が最初のはずなんですけれど。

香取 :へー。


黒沢年雄の不思議な体験


昨日の「オーラの泉」ゲストは、黒沢年雄さんでした。

多くの不思議な体験談が聞けておどろきました。


・スピリチュアルチェック

 自分の性格を一言でいうとなんですか :とても楽しい人

 小さい頃なりたかった職業はなんですか :スター

 なにか苦手なものはありますか :くも

 不思議な体験をしたことがありますか :何度も死にかけてます

 人生の転機はいつですか 
 :おふくろの死、東宝映画の専属解雇そして大腸ガン 




・不思議な体験

黒沢 :何年か前にお会いしたときの言葉が忘れられない。

人間が成功して、いい家をつくってますます調子にのってまだいい家をつくろうとすると必ず不幸が来るって。

周りの人でそういう人がいるんですよ。
実際、僕もそうだった。

そこそこの家を持ってて、さらにいい家を建てたその時に、大腸ガンになりましたから。

美輪 :それは、正負の法則ですよ。
なにかを得れば、なにかを失う。 その話しをしたんですよ。

黒澤 :僕は、不思議な体験をしているんですよ。
お風呂の帰りに帰っていたら、大きな火の玉が3回まわって消えたんですよ。
幅が2メートル、横が6メートルぐらいあるんですよ。
だれにいっても信じないんですよ。

翌日、その家の誰かが亡くなってました。

それからね。 おふくろが死ぬ前に、毎日クモが出た。
真っ黒で、手のひらぐらいのクモがね。

それで、おふくろが亡くなったとたんに出なくなった。
そのクモは、玄関に出るんですよ。

それから、車にはねられて6メートルぐらい飛ばされたのに、打撲擦り傷一切ないんだから。

それから、第三京浜で1キロぐらいスピンしてぶつかったりしたけれど、かすり傷ひとつない。

生まれてきたときから、仮死状態で、お産婆さんがもうだめだって言ったのに、生き返ってますから。

だから、こういう話(スピリチュアル・不思議なこと)を信じるんですよ。

国分 :大きな人魂は?

美輪 :人魂はよくあること。 私も見ました。
原爆の後、トンネルをでたのね。 5メートルぐらいシッポまで入れると10メートルぐらいかしら。
ものすごい速さで飛んでいったの。
そしたら、その下の小学校で原爆で亡くなった人たちを焼いていたのね。
だから、人魂ってあれだったのかと思ったのね。

江原 :それは、人様の亡くなるお家の上によく出ますね。
それがなにをあらわしているのかはわかりませんが、
クモの方は、はっきりわかるんですよ。

昆虫というのは、よく霊媒生き物っていってるんですよね。
クモがどうとかというのではなく、クモを使って迎えに来たということなんです。

たとえば、お墓参りにいくと妙に自分の周りに蝶が飛び回ったりしたことがあると思うんですよ。
その場合、その蝶にたましいが乗っかったりして、その人にメッセージとかシグナルを送ろうとしているときがあります。

黒沢 :それは、どんなメッセージですか。

江原 :お墓参りのときは、ありがとうというめっせーじだったり、その人へのいろんなメッセージがあるんです。

美輪 :むかしからありますね。 朝グモは良い知らせ、夜グモは悪い知らせっていいますよね。

黒沢 :だから、僕はクモが大嫌いなんです。

江原 :あくまでも、メッセージですからね。

あと、ラップ現象(何も無いところから音がする現象)とかいうと気味悪がられたりするじゃないですか。
あれも、ドカンとか大きい音がするときは、この世的に悪いことが起きるメッセージ。
小さい音で、金物を床に落とすような音がする場合は、褒められてたり、励まされてたりするんですよ。

だから、全部同じじゃないんです。

黒沢 :僕は、先祖を調べたことがあるんですけれど、平家なんですよ。

江原 :その家系の中で、出家している方が山ほどいらっしゃいますでしょう。

黒沢 :それは、ちょっとわかりませんけれど。

江原 :お寺ばかり見えますので、それを調べていくといろんなお寺にあたると思いますよ。

黒沢 :寺周りが好きですね。

美輪 :黒沢さんの人生は、波乱万丈ですよね。
よくなったらストーンと落ちることの繰り返しですよね。

黒沢 :そうなんですよ。





・人生の転機

国分 :人生の転機が、お母さんが亡くなったとき。

黒沢 :先生から、母親がガンであと数ヶ月だといわれたんです。
そして、最後に口も聞けなくなったので、家族全員が出されたんだよ。

そしたら、その時一番最後に出て行こうとしたらおふくろが止めるんだよ。
そして、「年雄、たのむよ」って言ったんだよ。
これが、最後の言葉です。

これは、僕の人生の中で強烈だったですね。
僕の下に弟3人いるから。

美輪 :みんなのことを頼むよって言ってたのね。

黒沢 :だから、こんな人間になったのかもしれない。
負けちゃいけないって。

だから、ぐれかかったけれど、俳優の道を選んだのもおふくろのおかげかもしれませんね。

だから、節目で、ミシンの音とおふくろの「年雄たのむよ」ていうのがでてくるんですよ。

国分 :役者を目指そうとしたんですか。

黒沢 :役者を目指そうとはしなくて、ぐれたんです。
悪い仲間に入ってたけど、本当に悪いことはしなかったね。

やっぱり、おふくろってのがでてくるから。

それで、こんなことしてちゃいけないってことで、映画俳優になろうと思ったんです。

それで、俳優の学校に入るお金がないから、いろいろやれば俳優の勉強になるだろって、2年ぐらいの間に仕事を30ぐらいやりましたよ。

最初は、車の営業をやったけれど売れないから、保険とミシンとベットと避妊具をやったんですよ。
そして、夜はキャバレーのボーイして朝までバーテン。
結構、いろんなことをやりました。

16〜19の頭まで自分で何をやってるのかわからないくらい、50年ぐらい生きちゃったから。

美輪 :でも役者さんになったときには、楽ですね。
どんな役でも、こなせるんですから。

黒沢 :そうですね。 イメージが湧くんですよ。













前世の記憶を研究



人は、生まれ変わるかもと思っていても、前世の記憶があるという人の話をきくと、どうも信じがたいと感じる人が多いと思います。


しかし、そのことを研究した博士がいました。
その方は、米バージニア大学のイアン・スティーブンソン博士で、『前世を記憶する子供たち』という著作にして世に出しました。


その本では、前世を記憶する子供たちの記憶を検証しています。

スティーブンソン博士の報告によれば、子供たちが前世の記憶(その生の人間関係や使用していた言語など)を語り始めるのは、二歳から五歳。
平均三歳二カ月となっています。

そして、大多数の子供が、五歳から八歳までのあいだに前世の話をしなくなるというのです。

なぜ子供なのだろうか。
それは、こうした前世の記憶の中心となるのが、視覚的なイメージ記憶だからです。
住んでいた家の様子や、まわりの風景、家族や知人の顔、自分が死んだときの状況についての「イメージ」が刻み込まれているのです。

子供たちが言葉を話せるようになってくると、そのイメージを言葉に置き換えて、周囲の人に伝えようとします。

ところが、心理学の研究によれば、イメージ記憶の再生・保持能力は、五歳ごろを境に大きく低下することがわかっている。
それはまさに、前世の記憶を語らなくなりはじめる時期に一致しているというのです。

ただし、その後も食べ物の好みや恐怖症などの「前世の人格」を引き継いだと考えられるような行動パターンは、引き続き思春期ごろまで保たれるようです。

こういったことは、海外ではよく研究されているのですね。


前世は少年だった“眞鍋かをり”




・前世

江原 :小さいときに親元を離れている前世が多いです。
特に、巫女さんより前の前世で、親から無理に引き離されたことがありました。


ヨーロッパの男の子で、“フランダースの犬のネロ”見たいな格好です。
そのときは、物のように捨てられました。

その時の影響で、仕事は絶対しなきゃいけないという考え方が自然と身についているのです。

真鍋 :はい。  そうです。
働かなきゃいけないと思います。

小さいときから、親に頼ってはいけないと思っていました。

江原 :でもね。
逆を学ぶということも大事なんです。
そういった前世を持ってるから苦労しろと言うのではなくて、華やかなことを学ぶということも大事なんですよ。

真鍋 :でも、そういう華やかな人たちと会うと、とても嫌悪感を感じるときがあるんです。

江原 :会うことで学べるでしょ。 会うことで、理解をすることなんです。

美輪 :あなたについている、巫女さんや少年たちが地味だし、地味な生活をしてきた過去世がおおいから、それで判断してしまうんですよ。

そこは、切り替えるところですよ。



・結婚


真鍋 :周りが結婚していくと、どうしても気になるんですけど?

江原 :30歳過ぎてからの方が、しあわせになれますよ。

真鍋 :最近は、なぜか好き嫌いが激しくなったんですよ。

江原 :成長が、中学生ぐらいになったんじゃないですか。
結婚適齢期は、この歳ということはないんです。
人それぞれですから。

美輪 :相手を結婚前提に見るからですよ。
前は、好き嫌いのみで遊びたいだけだったのが、今は「待てよ」と思うくせがでてきてるのよ。

学者や出版社の人のような気がします。

真鍋 :学者の関係の番組やってます。(NHK「サイエンスZERO」二出演中)

美輪 :その番組関係ではないかもしれませんね。

江原 :すてきな結婚をしますよ。



 ○真鍋さんは、努力されてますので、いい人にめぐり会えると思います。



↑!!

江原が語るヒーリングとは

ヒーリングという言葉を聞いたことがありますか?

意味はしらなくても聞いたことぐらいあると思います。
ヒーリングとは「霊的治療」、「霊癒」とういう意味なのです。

心霊手術や手かざし治療をみなさん想像すると思います。

しかし、それもヒーリングに間違いありません。
ヒーリングの本当の意味はそれとちょっと違います。

ヒーリングとは、霊を癒すこと、まさに霊癒なのです。

根本的な問題を取り除かない限り、また同じ病気、もしくは違う病気にかかる可能性が高いのです。

霊の問題は自分の心の問題、たましいの問題だからです。

では、どうすればいいでしょう

ヒーリングを施す人を「ヒーラー」といいます。

あなたに霊癒を施し、二度と病にたおれることがないように霊界の真実を教えることができる人のことです。

江原さんは、ヒーラーです。 

江原さんてこんな人!!   ↓ 見たみた! ↓
 〔送料無料キャンペーン中〕江原啓之 スピリチュアル ヴォイス-CD-

↑みてね

すごいでしょ!!↑    ↑    ↑

(⌒-⌒) これ見ないと一生の損ですから。  ↑ チェック!



本物のヒーラー江原さんにまなびましょうね。

江原さんとの出会い

私の友人に対人恐怖症の人がいます。 


その方の話ですが、大勢の働く会社で勤務していた頃は、毎日が苦痛で毎日ひきつった顔が元に戻らないほどだったそうです。

「あの人私の事たぶん嫌いだろうな。」と思うと、すごく意識しすぎてしまうといってました。

私も極度の人見知りで、一目見てこの人はダメと思ってしまうと、絶対ダメです。

そんな日々を、送っていたときに出会ったのがスピリチュアルカウンセラーの江原啓之さんです。

オーラの泉を見ていると、やはり人は過去性があるのは間違いないと思っています。



しかし、江原さんの本で学ぶと、これも乗り越えないといけない課題なんですよね。

多分。。。 私が最近心がけている事は、自分を客観的に見ることです。

江原さんの本に書いてあった事ですが、キライな相手を好きになる必要はないですが、挨拶とか必要最低限度の言葉は必要です。

「おはようございます。」「さようなら。」は無表情で言われるよりは、笑顔の方がいいですよね。

自分がそうゆう人間にさえならなければ、自分を理解してくれる人間は必ずいますよ!!


私もまだまだで、修行中ですがここに訪れた方お互いがんばって乗り越えられる時が来ます。

これを見てみて下さい。↓ 必ず、答えが見つかります。 ↓ 
↓          ↓   うそではありません。  ↓

江原啓之のスピリチュアルバイブルあなたはなぜ人生につまづいて

↑ 見ました!! 見ないと損です。↑       ↑ 

\(°o°;)/ ナントー!  すごい気づきがあります。


↑          ↑ 見ました!  見ないでどうしますか!

人生は、修行の場なんです。  がんばりましょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。