『がじまる食堂の恋』にパワースポットが登場


映画
『がじまる食堂の恋』
の完成披露試写会が、
都内で行われ、
波瑠(はる)と竹富聖花(たけとみせいか)、
小柳友、桜田通、
ダンディ坂野、大谷健太郎監督が登場しました。


本作は、沖縄・名護市で撮影された、
沖縄の食堂を舞台に男女4人、
四角関係の描いたラブストーリです。

登壇者はそれぞれ撮影の思い出を聞かると、
小柳は、「
外国人に勘違いされたのか、
地元のおばあちゃんにハローとあいさつされ驚いた」
と答えました。

すると竹富も「私も『ハロー』って言われました」
と同じエピソードに遭遇したことを明かしてくれました。

主人公を演じた、
波瑠の思い出は、
「名護さくら祭り」の再現場面。
300人もの地元民の協力があったことに感動したそうで、
「そういう協力があって実現したシーンなのですごく思い出に残ってるんですけど、
みんな帰っちゃうんですよね。
なんかスカスカしてきたなって。
自由な沖縄だからかなと思いましたね」
と現場の様子を暴露して会場を笑わせました。

この作品では、
日本で一番最初に桜が咲く名護を舞台にしています。

監督は、
「僕たちは日本で一番最初に来る春っていうのを撮っていたので、
その景色の美しさを堪能してもらいたい」
と、映画の見どころ語って締めくくりました。


○沖縄(名護)の有名パワースポットも登場

ひんぷんとは、沖縄の家屋の入り口に建てられる塀の事で、
目隠しでもあり、悪い霊から入ってくるのを防ぐためのものです。

沖縄では、ガジュマルの木に
「キジムナー」
と呼ばれる妖精が住んでいるされ、
それは子供にしか見えないと言われています。

名護の市外地にある大きなガジュマルの木。
そのすぐ傍にひんぷんのように石碑があることから、
「ひんぷんガジュマル」と呼ばれるようになりました。

また、ガジュマルは、幸福を呼ぶ精霊の木とされるため、
各地に存在します。

この作品に、
「ひんぷんガジュマル」
がちゃんと登場しています。
沖縄の暑さに負けないガジュマルの木は、
そこを訪れた人にパワーを与えてくれるようです。





「おしかけスピリチュアル」散策で足立梨花が富士山に感謝


スピリチュアル女子大生・
CHIEが、
勝手におしかけしあわせの種をまく、
「おしかけスピリチュアル」。


世界遺産である、
『富士山』
は古来から霊峰として崇められた日本を代表する強力なパワースポットです。


今回は、
『富士山』
の周辺には恩恵を受けたご利益スポットを、
CHIE、岡田圭右、
蛭子能収、
NHK連続テレビ小説
『あまちゃん』でブレイクした
足立梨花
がご利益をさずかるために散策しました。

2人が授かりたいご利益は、
足立が恋愛運を上げたいというのと、
蛭子は金運を上げたいそうです。

足立 :前回、お先真っ暗なんじゃないと言われたので、
今回は、恋愛運を上げたいなと。

以前、スピリチュアルタイムのとき、
CHIEが、
「運命の人が、ぜんぜん、
でてこないんですよね。」
と言われていました。

蛭子 :ギャンブルは好きなんですけど、
勝ったことがない。
負けてばっかりなんですよ。


○ここから、
人生の立てない押しをしたい2人が行ったのが、

『北口本宮冨士浅間神社』
(きたぐちほんぐうせんげんじんじゃ)
は、富士山自体を神様としてお祭りしているのです。

まさに、富士山にのぼらずにご利益を得られるじんじゃなのです。
CHIE :まっすぐに出た気がこんなにいっぱいあって、
すごいですよね。
大きいですね。

蛭子 :今まで行った神社で一番大きい。

・大鳥居と言われ、
木造では日本最大級です。
富士山のため、
ここまで大きくつくられたというのです。



CHIE :ここは、
子宝とか縁結びにご利益があるので、
足立さんには、ぴったりだと思います。

足立 :ちょうどいい。

・参拝のあとにオーラが見えるようになった人もいるそうです。

CHIE :蛭子さんの名前は、
本名ですか?

蛭子 :はい。

CHIE :それは、運がいい、
七福神は、実は、日本人じゃなくて、
一人だけ日本人がいるんですよ。

それが、蛭子さまです。

蛭子 :やった。

・一般的に、
蛭子(ひるこ)という神様が、
えびすさまになったといわれています。

蛭子 :名前できたんだね、
ここまで。

全員 :あはは...。


○次に一行が向かったのは、
『船津胎内神社』
(ふなつたいないじんじゃ)

女性を幸せにする富士山の女神、
神秘の洞穴神社です。

江戸時代に富士山の神様が祀られた
縁結び・子授け・安産のご利益があるそうです。

木花咲耶姫(このはなさくひめ)、
富士山の神様とされる美しい女神 子授け・安産・恋愛成就などにご利益があるそうです。

ご利益倍増の裏ワザとして、
CHIEは、
「(周りの岩から)
水滴が落ちているんですけど、
昔はこの水滴をハンカチとかに湿らせて腹帯とかにしていた、
自然の恵み、神様の水ですからね」
とコメントしました。



「おしかけスピリチュアル」でT.M.Revolutionの西川貴教がほっとした


スピリチュアル女子大生・
CHIEが、
勝手におしかけしあわせの種をまく、
「おしかけスピリチュアル」。


今回は、
T.M.Revolutionの
『西川貴教』のもとへおしかけました。

CIHEは西川が部屋では抜け殻になっていると話し、
西川の家を覗き見たところ、ホテルみたいにすごく綺麗で、
ベッドは3つあるとコメントしました。



○西川に合うタイプ

CIHE :むかしからいっしょにいるタイプがあうんだろうなと思いました。

西川 :あかんで、あの人は、あの人の生活があるから。
えー、かあちゃんぐらいしか...。
だれのこと? だれ?

CIHE :年下の感じがするんだけど。

そんなに、がっつりみえてこないから、
いまのところ無理。



・西川の人生を変えた話

CIHE :現実のことより、
うしろについてくれてる人がめちゃくちゃ愛してくれてるから。

おじいちゃんです。
ずばり。

西川 :そう、それやったらすごくうれしいな。

こういう風になっているのを、
一番みてほしい人だから。

おじいちゃん、
警察官だったんです。

小学校のとき、剣道とかいろいろやったのも、
そのおじいちゃんにほめてほしくて。

CIHE :あと、釣りとか山とかにもつれていってくれなかったですか?

西川 :そう、
いっしょにつれていってくれて。
だれかにほめてくれるより、
じいちゃんにほめてくれるのが一番だったんです。

だけど、
(小学校)3〜4年生のころ亡くなっちゃうんですよね。
それから、
土曜日、日曜日が何もすることがなく、
ぽっかり開いちゃって、
家で一人でラジオを聴き始めて、
そっから音楽はじめたんです。

だから、じいちゃんが生きてたら、
ただただ、忙しくしてたかもしれません。

CIHE :今の姿をみて、
すごくほめてるから、
かわいくてしかたなかったみたいですよ。

だいじょうぶ、だいじょうぶってこといってて。

西川 :こういうこと言うことなく、
すごくほっとしました。
あー、よかった。

CIHE :おじいちゃんと犬がいるから、
大丈夫だと思います。







「おしかけスピリチュアル」で野沢直子が自信をつけた


スピリチュアル女子大生・
CHIEが、
勝手におしかけしあわせの種をまく、
「おしかけスピリチュアル」。


清水ミチコが野沢直子を見て欲しいという依頼を受けて、
さっそく、おしかけました。

CHIEが野沢のオーラを見たところ、
黄色と水色のオーラが出ているとコメント。
黄色はポジティブな色で、
水色は直感で生きているタイプだというのですが...。

野沢 :帽子と髪の毛の色?

岡田 :ばか。

野沢は、
スピリチュアルを全く信じていませんでした。

しかし、CHIEが野沢の内情をコメントすると。

野沢 :えー。
私、スピリチュアルを信じる。

と一撃でおとなしくなりました。

清水 :(野沢が)ぜんぜん、健康食とか食べてないけど、
だいじょうぶなのかな。

CHIE :野菜をたくさん食べていません?

野沢 :私は、浜ちゃんところにいそうろうしているので、
野菜たっぷり。

CHIE :体は、大丈夫そうですよ。


・浜ちゃん家をチェック

CHIE :浜ちゃん家が、
カラフルに見えてくる。

野沢 :すごいね、
当たってる。


・野沢のこれからを予想

CHIE :映像とかをつくるのが見えてくる。
どっちかというと、
思ったことができる人みたいな。

野沢 :すごい、
ありがとうCHIEちゃん。


・野沢が意外な告白

野沢 :子供が独立したら、
はずかしいな...、
ハリウッド行ってみようかな?

全員 :えっ。

野沢 :これは、
友達にもだれにも言ったことないんだよ。

CHIE :かなうような気がする。

野沢 :本当?
自信つけたよ今。


・CHIEと対話する前は、
野沢 :鼻で笑ってる。

チェックの後は、
野沢 :信じます。
なんだったら、
会員とかになります。

岡田 :やめなさい、
あなた。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。